グレイスケールのビットコインETFが承認されたら、市場にどんな影響があるのか?

話題

グレイスケールのビットコインETFが承認されたら、市場にどんな影響があるのか?

ビットコインは、世界中で注目を集めているデジタル通貨です。ビットコインは、ブロックチェーンと呼ばれる分散型の公開台帳に記録され、誰でもオンラインで送受信できます。ビットコインは、中央機関や政府によって管理されないため、自由度が高く、価値が変動しやすいという特徴があります。ビットコインは、現在、約3万7千ドル(約555万円、1ドル=150円換算)で取引されています。

ビットコインに投資する方法はいくつかありますが、その中でも人気のあるものの一つが、グレイスケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)です。GBTCは、ビットコインに連動する価格で取引される投資信託です。GBTCは、ビットコインの市場で最大の規模を持ち、約300億ドル(約4兆5千億円)の資産を運用しています。GBTCは、ビットコインを直接購入するよりも、手軽にビットコインに投資できるというメリットがあります。GBTCは、米国の証券取引所に上場しており、一般的な証券口座で購入できます。また、GBTCは、ビットコインの保管やセキュリティに関するリスクをグレイスケールという会社が負担してくれます。さらに、GBTCは、ビットコインの税制上の優遇を受けることができます。GBTCは、ビットコインと同じく、長期的な投資として扱われ、税率が低くなります。

しかし、GBTCには、欠点もあります。その一つが、基準価額(NAV)と市場価格の乖離です。基準価額とは、GBTCが保有するビットコインの価値のことです。市場価格とは、GBTCの株式が取引される価格のことです。理想的には、基準価額と市場価格は同じになるはずですが、実際にはそうなりません。市場価格は、基準価額よりも高くなったり、低くなったりします。これをプレミアムやディスカウントと呼びます。プレミアムとは、市場価格が基準価額よりも高いことを意味します。ディスカウントとは、市場価格が基準価額よりも低いことを意味します。GBTCは、過去には、プレミアムが高くなることが多かったです。これは、ビットコインに投資する手段が限られていたため、GBTCに対する需要が高かったからです。しかし、最近では、ディスカウントが高くなることが多くなっています。これは、ビットコインに投資する手段が増えてきたため、GBTCに対する需要が低下したからです。GBTCのディスカウントは、現在、約10%になっています。¹

ビットコインETFとは何か?

ビットコインに投資する手段が増えてきたというのは、どういうことでしょうか?それは、ビットコインのETF(上場投資信託)が登場したということです。ETFとは、株式や債券などの資産に連動する価格で取引される投資商品のことです。ETFは、証券取引所に上場しており、一般的な証券口座で購入できます。ETFは、投資信託と似ていますが、より流動性が高く、手数料が低いという特徴があります。ビットコインのETFとは、ビットコインに連動する価格で取引されるETFのことです。ビットコインのETFは、ビットコインを直接保有するものと、ビットコインの先物やスワップなどの金融商品に投資するものがあります。ビットコインを直接保有するETFを現物ETF、金融商品に投資するETFをデリバティブETFと呼びます。

ビットコインのETFは、ビットコインに投資するための新しい方法です。ビットコインのETFは、GBTCと同じように、ビットコインを直接購入するよりも、手軽にビットコインに投資できるというメリットがあります。ビットコインのETFは、証券取引所に上場しており、一般的な証券口座で購入できます。また、ビットコインのETFは、ビットコインの保管やセキュリティに関するリスクをETFの運用会社が負担してくれます。さらに、ビットコインのETFは、ビットコインの税制上の優遇を受けることができます。ビットコインのETFは、ビットコインと同じく、長期的な投資として扱われ、税率が低くなります。

しかし、ビットコインのETFには、欠点もあります。その一つが、規制の不確実性です。ビットコインのETFは、米国の証券取引委員会(SEC)の承認が必要ですが、SECは、これまでに多くのビットコインのETFの申請を却下してきました。SECは、ビットコインの市場には、不正行為や操作のリスクが高く、投資家保護の観点から、ビットコインのETFを承認することができないという立場をとってきました。しかし、最近では、SECの姿勢に変化の兆しが見られます。2023年10月には、ビットコインのデリバティブETFが初めて承認されました。これは、ビットコインのETFの歴史的な出来事でした。現在、ビットコインのデリバティブETFは、米国の証券取引所に5つ上場しており、約20億ドル(約3千億円)の資産を運用しています。²

グレイスケールのビットコインETFへの転換とは何か?

グレイスケールは、ビットコインのETFを目指しています。グレイスケールは、GBTCをビットコインの現物ETFに転換することを計画しており、SECに申申請しています。

グレイスケールのビットコインETFへの転換とは、GBTCの株式をビットコインのETFの株式に交換することを意味します。これにより、GBTCの投資家は、ビットコインのETFの投資家になることができます。グレイスケールのビットコインETFへの転換は、GBTCにとって、大きなメリットがあります。その一つが、基準価額と市場価格の乖離の解消です。ビットコインのETFは、基準価額と市場価格がほぼ同じになることが期待されます。これは、ビットコインのETFは、新規の株式の発行や買い戻しが可能であるため、需給のバランスがとれやすいからです。GBTCは、現在、新規の株式の発行を停止しており、買い戻しもできません。そのため、GBTCの需給のバランスが崩れやすく、市場価格が基準価額から乖離しやすくなっています。グレイスケールのビットコインETFへの転換により、GBTCの市場価格は、基準価額に近づくと考えられます。もう一つのメリットは、競争力の強化です。ビットコインのETFが登場したことで、GBTCは、ビットコインに投資する手段としての魅力を失いつつあります。ビットコインのETFは、GBTCよりも流動性が高く、手数料が低いという利点があります。グレイスケールのビットコインETFへの転換により、GBTCは、ビットコインのETFと同じ条件で取引されることになり、競争力を高めることができます。

グレイスケールのビットコインETFへの転換はいつ起こるのか?

グレイスケールのビットコインETFへの転換は、SECの承認が必要です。しかし、SECは、現物ETFに対しては、まだ慎重な姿勢をとっています。SECは、現物ETFに関する申請をいくつか受けていますが、いずれも保留にしています。SECは、現物ETFに対する判断を延期したり、要求事項を追加したりしています。SECは、現物ETFに関する最終的な決定をする期限がありません。そのため、グレイスケールのビットコインETFへの転換がいつ起こるかは、予測できません。グレイスケールは、SECと協力して、ビットコインETFへの転換を実現するために努力していると述べていますが、具体的な時期は明らかにしていません。

まとめ

この記事では、グレイスケールのビットコインETFへの転換について説明しました。グレイスケールのビットコインETFへの転換とは、GBTCの株式をビットコインの現物ETFの株式に交換することです。これにより、GBTCの投資家は、ビットコインのETFの投資家になることができます。グレイスケールのビットコインETFへの転換は、GBTCにとって、基準価額と市場価格の乖離の解消や、競争力の強化というメリットがあります。しかし、グレイスケールのビットコインETFへの転換は、SECの承認が必要であり、いつ起こるかは不明です。ビットコインのETFは、ビットコインに投資するための新しい方法であり、市場に大きな影響を与える可能性があります。ビットコインに興味のある方は、ビットコインのETFに注目しておくと良いでしょう。

キーワード

  • ビットコイン:世界中で注目を集めているデジタル通貨です。ブロックチェーンと呼ばれる分散型の公開台帳に記録され、誰でもオンラインで送受信できます。
  • グレイスケール・ビットコイン・トラスト(GBTC):ビットコインに連動する価格で取引される投資信託です。ビットコインの市場で最大の規模を持ち、約300億ドル(約4兆5千億円)の資産を運用しています。
  • 基準価額(NAV):GBTCが保有するビットコインの価値のことです。
  • 市場価格:GBTCの株式が取引される価格のことです。
  • プレミアム:市場価格が基準価額よりも高いことを意味します。
  • ディスカウント:市場価格が基準価額よりも低いことを意味します。
  • ビットコインのETF(上場投資信託):ビットコインに連動する価格で取引されるETFのことです。ETFとは、株式や債券などの資産に連動する価格で取引される投資商品のことです。
  • 現物ETF:ビットコインを直接保有するETFのことです。
  • デリバティブETF:ビットコインの先物やスワップなどの金融商品に投資するETFのことです。
  • 証券取引委員会(SEC):米国の証券市場を監督する政府機関です。ビットコインのETFの承認が必要です。

ソース
(1) Grayscale Bitcoin Trust Could See $2.7B of Outflows if ETF …. https://www.coindesk.com/markets/2023/11/24/grayscale-bitcoin-trust-could-see-27b-of-outflows-if-etf-conversion-is-approved-jpmorgan/.
(2) グレイスケール・ビットコイン・トラストがETFに転換されれば …. https://finance.yahoo.co.jp/news/detail/d320f6f0c2db67392318a5fbb5a4e04f4eb5b3f8.
(3) Potential $2.7 Billion Outflow from Grayscale Bitcoin Trust …. https://www.crypto-news-flash.com/potential-2-7-billion-outflow-from-grayscale-bitcoin-trust-raises-market-concerns/.
(4) Grayscale’s Bitcoin ETF would see massive outflows if approved. https://www.cryptopolitan.com/grayscales-bitcoin-etf-massive-outflows/.
(5) Grayscale BTC Trust Faces $2.7B Outflows if Spot ETF Approved. https://www.business2community.com/crypto-news/grayscale-bitcoin-trust-faces-potential-2-7b-outflows-with-etf-approval-02750612.

お知らせ

Pi Networkは、ブロックチェーン技術を活用した仮想通貨プロジェクトで、ユーザーがスマートフォンを使ってPiというコインを採掘できるように設計されています。このプロジェクトの目的は、仮想通貨の普及を促進することです。

このプロジェクトは、2019年にスタンフォード大学の博士課程の学生たちによって立ち上げられました。Pi Networkは、ユーザーがアプリを起動し、毎日一回ボタンを押すだけでPiコインを採掘できる、というシンプルでエコフレンドリーな方法を提供しています。

Pi Networkの特徴の一つは、ユーザーが自分のネットワークを拡大することで採掘速度を上げることができる点です。さらに、Pi NetworkはユーザーがPiのプラットフォーム上でウェブアプリケーションを作成したり、利用したりできるようにすることで、Piコインの価値を高めることを目指しています。

現在、Pi Networkはメインネットの立ち上げに向けて開発を進めています。Pi Networkに参加するためには、モバイルアプリをダウンロードし、招待コードを入力する必要があります。Pi Networkは、仮想通貨の未来を切り開くための革新的なプロジェクトと言えるでしょう。

<<参加方法>>
Pi Networkに参加していない方は、こちらのリンクから始められます。私の紹介コードを使って登録すると、私もあなたもPiを得られるようになります。Pi Networkは、スマホで簡単に仮想通貨「Pi」をマイニングできるアプリです。1日1回ボタンを押すと、スマホを放置している間も24時間分のマイニングが開始されます。私は2023年では年間357日分のマイニングを行い招待を受けた方は多くの恩恵を受けられました。紹介コードを使って登録すると、あなたのマイニング速度が25%アップする特典があります。
 https://minepi.com/

より詳しい案内と登録方法はこちらに記載しました。

世界で5000万人が参加しているスマホの仮想通貨マイニングアプリ(PiNetwork -パイネットワーク-)の紹介
マイニングはスマホ単体で可能な仮想通貨を紹介します。スマホでマイニングするといっても電池は消耗せず、1日1回アプリを起動してマイニングボタンをタップするだけでマイニングができるものです。
話題
シェアする
スマホで仮想通貨マイニングPiNetworkの始め方

コメント

タイトルとURLをコピーしました