イーサリアム2.0とは?内容やメリット、今後のスケジュールを徹底解説

話題

イーサリアム2.0とは?内容やメリット、今後のスケジュールを徹底解説

イーサリアムは、暗号資産(仮想通貨)の中でもビットコインに次ぐ人気と知名度を誇るプラットフォームです。イーサリアムは、スマートコントラクトと呼ばれるプログラムを使って、様々なアプリケーションやサービスを分散型で構築できるという特徴があります。そのため、イーサリアムは「ワールドコンピューター」とも呼ばれています。

しかし、イーサリアムには現在のままでは解決できない課題もあります。その一つが、ネットワークの処理能力の限界です。イーサリアムは、トランザクションの増加に伴って、送金の遅延や手数料の高騰などの問題に直面しています。これは、イーサリアムの利用者や開発者にとって大きな不満となっています。

そこで、イーサリアムは、その課題を解決するために、大規模なアップデートを計画しています。そのアップデートが「イーサリアム2.0」です。イーサリアム2.0は、イーサリアムのスピード、効率、拡張性を大幅に向上させることを目指しています。イーサリアム2.0では、コンセンサスアルゴリズムの変更やシャーディングの実装など、イーサリアムの仕組みが大きく変わります。

この記事では、イーサリアム2.0の内容やメリット、今後のスケジュールについて、わかりやすく解説します。イーサリアムに興味がある方や、イーサリアム2.0について知りたい方は、ぜひ最後までお読みください。

イーサリアムの課題とは?

イーサリアムは、2015年にローンチされた暗号資産(仮想通貨)のプラットフォームです。イーサリアムは、ビットコインとは異なり、スマートコントラクトと呼ばれるプログラムを使って、様々なアプリケーションやサービスを分散型で構築できるという特徴があります。そのため、イーサリアムは「ワールドコンピューター」とも呼ばれています。

イーサリアムは、ゲームやソーシャルメディア、アイデンティティ管理など、さまざまな分野で活用されています。特に、2020年からは、分散型金融(DeFi)と呼ばれる、中央管理者の存在なしに金融サービスを提供できる仕組みが注目を集めています。DeFiでは、イーサリアムのスマートコントラクトを利用して、貸借や取引、保険などのサービスが提供されています。

イーサリアムは、その柔軟性と多様性から、暗号資産(仮想通貨)の中でも高い人気と知名度を誇っています。しかし、イーサリアムには現在のままでは解決できない課題もあります。その一つが、ネットワークの処理能力の限界です。

イーサリアムは、トランザクションの増加に伴って、送金の遅延や手数料の高騰などの問題に直面しています。これは、イーサリアムの利用者や開発者にとって大きな不満となっています。この問題の原因は、イーサリアムのコンセンサスアルゴリズムにあります。

コンセンサスアルゴリズムとは、ブロックチェーンのブロック生成における合意形成の仕組みです。現行のイーサリアムでは、ビットコインと同じ「プルーフ・オブ・ワーク」(Proof of Work、「PoW」と略されます)が用いられています。PoWは、ブロックを生成するために、複雑な計算を競争することで、ネットワークの安全性を保つという仕組みです。

しかし、PoWは、大量の計算が必要とされるため、処理能力に限界があります。また、大量の電力を消費することで、環境にも悪影響を与えます。イーサリアムは、その限界を克服するために、コンセンサスアルゴリズムを変更することを計画しています。その変更が「イーサリアム2.0」です。

イーサリアム2.0の内容とメリットとは?

イーサリアム2.0では、コンセンサスアルゴリズムの変更やシャーディングの実装など、イーサリアムの仕組みが大きく変わります。これらの変更によって、イーサリアム2.0は、イーサリアムの課題を解決するだけでなく、イーサリアムのメリットをさらに高めることができます。イーサリアム2.0の内容とメリットについて、詳しく見ていきましょう。

コンセンサスアルゴリズムの変更

イーサリアム2.0の最大の変更点は、コンセンサスアルゴリズムの変更です。イーサリアム2.0では、現行のプルーフ・オブ・ワーク(PoW)から、プルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake、「PoS」と略されます)に移行します。PoSは、ブロックを生成するために、計算力ではなく、保有するイーサリアムの量や期間に応じて、報酬を得ることができる仕組みです。

PoSに移行することで、イーサリアム2.0は、以下のメリットを得ることができます。

  • スケーラビリティの向上:PoSは、PoWに比べて、より多くのトランザクションを高速に処理できるようになります。これは、イーサリアムのネットワークの容量を拡大することにつながります。イーサリアム2.0では、毎秒数千件のトランザクションを処理できると期待されています。
  • セキュリティの強化:PoSは、PoWに比べて、攻撃者がネットワークを乗っ取るのを難しくします。これは、攻撃者がネットワークの51%以上のイーサリアムを保有する必要があるためです。また、攻撃者は、自分のイーサリアムを失うリスクも高くなります。これは、イーサリアムのネットワークの安全性を高めることにつながります。
  • 分散化の促進:PoSは、PoWに比べて、参加者の多様性を増やします。これは、PoSでは、高性能なコンピューターや専用の機器が不要で、一般のユーザーもブロック生成に参加できるためです。また、PoSでは、参加者の報酬がイーサリアムの保有量や期間に応じて決まるため、参加者のインセンティブも高まります。これは、イーサリアムのネットワークの分散化を促進することにつながります。
  • 環境への配慮:PoSは、PoWに比べて、電力消費を大幅に削減できます。これは、PoSでは、複雑な計算を競争する必要がなく、エネルギー効率が高いためです。イーサリアム2.0では、現行のイーサリアムの99.95%以上の電力消費を削減できると期待されています。これは、イーサリアムの環境への負荷を軽減することにつながります。

コンセンサスアルゴリズムの変更は、イーサリアム2.0の中でも最も重要な部分です。しかし、イーサリアム2.0では、コンセンサスアルゴリズムの変更だけでなく、他にも大きな変更があります。その一つが、シャーディングです。

シャーディングの実装

シャーディングとは、イーサリアムのネットワークを複数の小さなネットワークに分割することで、処理能力を向上させる仕組みです。現行のイーサリアムでは、全てのノードが全てのトランザクションやスマートコントラクトを検証する必要があります。これは、ネットワークの一貫性を保つためには必要ですが、同時に、ネットワークの負荷や遅延を増やす原因にもなります。

シャーディングでは、ネットワークを複数のシャードと呼ばれる小さなネットワークに分割します。各シャードは、自分のトランザクションやスマートコントラクトを独立して検証できます。これにより、ネットワーク全体の処理能力が向上します。また、シャード間の通信は、ビーコンチェーンと呼ばれる新しいブロックチェーンを介して行われます。ビーコンチェーンは、シャードの状態や同期を管理する役割を果たします。

シャーディングを実装することで、イーサリアム2.0は、以下のメリットを得ることができます。

  • スケーラビリティの向上:シャーディングは、イーサリアムのネットワークの容量を拡大することにつながります。イーサリアム2.0では、64個のシャードが予定されており、各シャードは、毎秒数百件のトランザクションを処理できると期待されています。これは、イーサリアムのネットワークのパフォーマンスを大幅に向上させることになります。
  • セキュリティの強化:シャーディングは、イーサリアムのネットワークの安全性を高めることにつながります。シャーディングでは、各シャードには、ランダムに選ばれたバリデーターが割り当てられます。バリデーターとは、ブロックを生成するために、イーサリアムをステーキングする参加者のことです。バリデーターは、定期的にシャードが変更されるため、攻撃者が特定のシャードを狙うのを難しくします。また、バリデーターは、不正な行為をすると、自分のイーサリアムを失うリスクも高くなります。
  • 分散化の促進:シャーディングは、イーサリアムのネットワークの分散化を促進することにつながります。シャーディングでは、各シャードには、少ない数のバリデーターが割り当てられます。これは、バリデーターが必要とするハードウェアやネットワークの要件を低くすることになります。これにより、一般のユーザーもバリデーターになりやすくなります。また、シャーディングでは、バリデーターの報酬がイーサリアムの保有量や期間に応じて決まるため、バリデーターのインセンティブも高まります。

シャーディングは、イーサリアム2.0の中でも大きな変更の一つです。しかし、イーサリアム2.0では、シャーディングだけでなく、他にも大きな変更があります。その一つが、ステーキングです。

ステーキングの導入

ステーキングとは、イーサリアム2.0のコンセンサスアルゴリズムであるプルーフ・オブ・ステーク(PoS)において、ブロックを生成するために、イーサリアムをロックすることで、報酬を得ることができる仕組みです。ステーキングを行う参加者をバリデーターと呼びます。バリデーターは、イーサリアムのネットワークの安全性や効率性に貢献することで、新たに発行されるイーサリアムや手数料の一部を報酬として受け取ることができます。

ステーキングを導入することで、イーサリアム2.0は、以下のメリットを得ることができます。

  • スケーラビリティの向上:ステーキングは、イーサリアムのネットワークの容量を拡大することにつながります。ステーキングでは、バリデーターの数が多ければ多いほど、ネットワークの処理能力が高まります。イーサリアム2.0では、最低でも32ETHをステーキングすることで、誰でもバリデーターになることができます。これは、イーサリアムのネットワークのパフォーマンスを大幅に向上させることになります。
  • セキュリティの強化:ステーキングは、イーサリアムのネットワークの安全性を高めることにつながります。ステーキングでは、バリデーターは、自分のイーサリアムをロックすることで、ネットワークに対する責任を持ちます。バリデーターは、正しくブロックを生成することで、報酬を得ることができますが、不正な行為をすると、自分のイーサリアムを失うことになります。これは、バリデーターにとって、ネットワークを攻撃することよりも、ネットワークを守ることの方が得になるというインセンティブを与えます。
  • 分散化の促進:ステーキングは、イーサリアムのネットワークの分散化を促進することにつながります。ステーキングでは、高性能なコンピューターや専用の機器が不要で、一般のユーザーもバリデーターになりやすくなります。また、ステーキングでは、バリデーターの報酬がイーサリアムの保有量や期間に応じて決まるため、バリデーターのインセンティブも高まります。これは、イーサリアムのネットワークの参加者の多様性や活動性を高めることにつながります。

ステーキングは、イーサリアム2.0の中でも重要な部分です。しかし、イーサリアム2.0では、ステーキングだけでなく、他にも大きな変更があります。その一つが、eWASMです。

eWASMの導入

eWASMとは、イーサリアム2.0の仮想マシンとして採用される予定の新しい技術です。仮想マシンとは、イーサリアムのネットワーク上で、スマートコントラクトやアプリケーションを実行するための環境のことです。現行のイーサリアムでは、Ethereum Virtual Machine(EVM)と呼ばれる仮想マシンが用いられています。EVMは、イーサリアム固有のバイトコードを実行することができますが、他のプログラミング言語やツールとの互換性が低いという欠点があります。

eWASMは、WebAssembly(WASM)と呼ばれる、ウェブブラウザで高速に実行できるバイナリフォーマットをベースにした仮想マシンです。eWASMは、EVMに比べて、以下のメリットを持ちます。

  • スピードの向上:eWASMは、EVMに比べて、より高速にスマートコントラクトやアプリケーションを実行できます。これは、eWASMが、より効率的なバイナリフォーマットを採用しているためです。eWASMは、EVMの10倍以上のスピードを実現できると期待されています。
  • 効率の向上:eWASMは、EVMに比べて、より少ないガス代でスマートコントラクトやアプリケーションを実行できます。これは、eWASMが、より簡潔な命令セットを採用しているためです。eWASMは、EVMの10分の1以下のガス代で済むと期待されています。
  • 拡張性の向上:eWASMは、EVMに比べて、より多くのプログラミング言語やツールと互換性があります。これは、eWASMが、ウェブブラウザで広く使われているWebAssemblyをベースにしているためです。eWASMは、CやRustなどの一般的なプログラミング言語でスマートコントラクトやアプリケーションを開発できると期待されています。

eWASMは、イーサリアム2.0の中でも最も先進的な技術の一つです。しかし、イーサリアム2.0では、eWASMだけでなく、他にも大きな変更があります。その一つが、DeFiの発展です。

DeFiの発展

DeFiとは、分散型金融の略で、中央管理者の存在なしに金融サービスを提供できる仕組みのことです。DeFiでは、イーサリアムのスマートコントラクトを利用して、貸借や取引、保険などのサービスが提供されています。DeFiは、2020年から急速に成長し、イーサリアムのネットワーク上で最も人気の高いアプリケーションの一つとなっています。

イーサリアム2.0は、DeFiの発展にも大きな影響を与えることができます。イーサリアム2.0では、以下のメリットがDeFiにもたらされます。

  • スピードの向上:イーサリアム2.0は、イーサリアムのネットワークの処理能力を大幅に向上させることになります。これは、DeFiのユーザーにとって、より高速にサービスを利用できることを意味します。イーサリアム2.0では、DeFiのトランザクションが数秒以内に完了できると期待されています。
  • コストの削減:イーサリアム2.0は、イーサリアムのネットワークの負荷を軽減することになります。これは、DeFiのユーザーにとって、より安くサービスを利用できることを意味します。イーサリアム2.0では、DeFiのトランザクションの手数料が大幅に下がると期待されています。
  • イノベーションの促進:イーサリアム2.0は、イーサリアムのネットワークの拡張性や互換性を高めることになります。これは、DeFiの開発者にとって、より多くのプログラミング言語やツールを使って、より多様なサービスを開発できることを意味します。イーサリアム2.0では、DeFiのイノベーションが加速すると期待されています。

DeFiは、イーサリアムのネットワーク上で最も活発な分野の一つです。イーサリアム2.0は、DeFiの発展に大きく貢献することができます。イーサリアム2.0では、DeFiのユーザーは、より高速で安全で安価で多様なサービスを利用できるようになると期待されています。

イーサリアム2.0の今後のスケジュールとは?

イーサリアム2.0は、イーサリアムのネットワークの大規模なアップデートです。そのため、一度に全ての変更を行うことは困難です。イーサリアム2.0は、段階的に実施される予定です。イーサリアム2.0のスケジュールは、以下のようになっています。

  • フェーズ0:ビーコンチェーンのローンチ:フェーズ0は、イーサリアム2.0の基盤となるビーコンチェーンのローンチです。ビーコンチェーンは、プルーフ・オブ・ステークのコンセンサスアルゴリズムを採用し、シャードの状態や同期を管理する役割を果たします。フェーズ0では、バリデーターがステーキングを行い、ビーコンチェーン上でブロックを生成します。フェーズ0は、2020年12月1日に正式に開始されました。
  • フェーズ1:シャーディングのローンチ:フェーズ1は、イーサリアムのネットワークを複数のシャードに分割することで、処理能力を向上させるシャーディングのローンチです。フェーズ1では、64個のシャードが予定されており、各シャードは、ビーコンチェーンと連携して、トランザクションのデータを保存します。フェーズ1では、まだスマートコントラクトやアプリケーションの実行はできません。フェーズ1は、2021年後半に開始される予定です。
  • フェーズ1.5:イーサリアムの統合:フェーズ1.5は、現行のイーサリアムのネットワークとイーサリアム2.0のネットワークを統合することです。フェーズ1.5では、現行のイーサリアムのネットワークが、イーサリアム2.0のシャードの一つとして移行されます。これにより、現行のイーサリアムのネットワークも、プルーフ・オブ・ステークのコンセンサスアルゴリズムやシャーディングの仕組みを利用できるようになります。フェーズ1.5は、2021年末から2022年初めに開始される予定です。
  • フェーズ2:eWASMのローンチ:フェーズ2は、イーサリアム2.0の仮想マシンとしてeWASMをローンチすることです。eWASMは、イーサリアムのネットワーク上で、スマートコントラクトやアプリケーションを高速に実行できる仮想マシンです。フェーズ2では、各シャードで、スマートコントラクトやアプリケーションの実行が可能になります。フェーズ2は、2022年以降に開始される予定です。

イーサリアム2.0は、イーサリアムのネットワークの大規模なアップデートです。イーサリアム2.0は、イーサリアムのスピード、効率、拡張性を大幅に向上させることを目指しています。イーサリアム2.0は、段階的に実施される予定です。イーサリアム2.0のスケジュールは、現在も変更される可能性がありますが、イーサリアムのコミュニティや開発者は、イーサリアム2.0の実現に向けて、日々努力しています。

まとめ

この記事では、イーサリアム2.0は、イーサリアムのネットワークの大規模なアップデートです。イーサリアム2.0は、イーサリアムのスピード、効率、拡張性を大幅に向上させることを目指しています。イーサリアム2.0は、段階的に実施される予定です。イーサリアム2.0のスケジュールは、現在も変更される可能性がありますが、イーサリアムのコミュニティや開発者は、イーサリアム2.0の実現に向けて、日々努力しています。

この記事では、イーサリアム2.0の内容やメリット、今後のスケジュールについて、わかりやすく解説しました。イーサリアム2.0について、もっと詳しく知りたい方は、以下の記事やサイトを参考にしてください。

  • [イーサリアム2.0の全貌:ビーコンチェーン、シャーディング、eWASM、そしてDeFi]:イーサリアム2.0の概要や技術的な詳細を分かりやすく説明した記事です。
  • [イーサリアム2.0のロードマップ]:イーサリアム2.0の各フェーズの目標や進捗状況を示したロードマップです。
  • [イーサリアム2.0のFAQ]:イーサリアム2.0に関するよくある質問と回答をまとめたサイトです。

イーサリアム2.0は、イーサリアムのネットワークの進化です。イーサリアム2.0は、イーサリアムのネットワークのパフォーマンスやセキュリティ、分散化を高めることで、イーサリアムのユーザーや開発者にとって、より良い体験を提供することができます。イーサリアム2.0は、イーサリアムのネットワークの可能性を広げることで、イーサリアムのネットワーク上で、より多様で革新的なサービスやアプリケーションが生まれることができます。

イーサリアム2.0について、興味を持っていただけたでしょうか?イーサリアム2.0は、イーサリアムのネットワークの未来です。イーサリアム2.0は、イーサリアムのネットワークの歴史の中でも、最も重要な出来事の一つです。イーサリアム2.0は、イーサリアムのネットワークの変革です。イーサリアム2.0は、イーサリアムのネットワークの革命です。

記事に登場したキーワードの簡単な説明は以下の通りです。

  • イーサリアム2.0:イーサリアムのネットワークの大規模なアップデートで、イーサリアムのスピード、効率、拡張性を向上させることを目指している。
  • Eth2:イーサリアム2.0の別名。
  • イーサリアム:暗号資産(仮想通貨)の中でもビットコインに次ぐ人気と知名度を誇るプラットフォームで、スマートコントラクトと呼ばれるプログラムを使って、様々なアプリケーションやサービスを分散型で構築できる。
  • ETH:イーサリアムのネットワーク上で使われる暗号資産(仮想通貨)の単位。
  • プルーフ・オブ・ステーク:Proof of Stakeの略で、ブロックを生成するために、計算力ではなく、保有するイーサリアムの量や期間に応じて、報酬を得ることができるコンセンサスアルゴリズム。
  • PoS:プルーフ・オブ・ステークの略。
  • プルーフ・オブ・ワーク:Proof of Workの略で、ブロックを生成するために、複雑な計算を競争することで、ネットワークの安全性を保つコンセンサスアルゴリズム。
  • PoW:プルーフ・オブ・ワークの略。
  • シャーディング:イーサリアムのネットワークを複数の小さなネットワークに分割することで、処理能力を向上させる仕組み。
  • ビーコンチェーン:イーサリアム2.0の基盤となるブロックチェーンで、プルーフ・オブ・ステークのコンセンサスアルゴリズムを採用し、シャードの状態や同期を管理する役割を果たす。
  • ステーキング:イーサリアム2.0のコンセンサスアルゴリズムであるプルーフ・オブ・ステークにおいて、ブロックを生成するために、イーサリアムをロックすることで、報酬を得ることができる仕組み。
  • DeFi:分散型金融の略で、中央管理者の存在なしに金融サービスを提供できる仕組み。
  • 分散型金融:DeFiの別名。
  • スケーラビリティ:ネットワークの容量や処理能力を拡大できる能力。
  • セキュリティ:ネットワークの安全性や信頼性を保つ能力。
  • 分散化:ネットワークの参加者や権限を多様化することで、ネットワークの透明性や公平性を高めること。
  • トランザクション:イーサリアムのネットワーク上で行われる送金や契約などの操作。
  • ブロック:イーサリアムのネットワーク上で、トランザクションやスマ
お知らせ

Pi Networkは、ブロックチェーン技術を活用した仮想通貨プロジェクトで、ユーザーがスマートフォンを使ってPiというコインを採掘できるように設計されています。このプロジェクトの目的は、仮想通貨の普及を促進することです。

このプロジェクトは、2019年にスタンフォード大学の博士課程の学生たちによって立ち上げられました。Pi Networkは、ユーザーがアプリを起動し、毎日一回ボタンを押すだけでPiコインを採掘できる、というシンプルでエコフレンドリーな方法を提供しています。

Pi Networkの特徴の一つは、ユーザーが自分のネットワークを拡大することで採掘速度を上げることができる点です。さらに、Pi NetworkはユーザーがPiのプラットフォーム上でウェブアプリケーションを作成したり、利用したりできるようにすることで、Piコインの価値を高めることを目指しています。

現在、Pi Networkはメインネットの立ち上げに向けて開発を進めています。Pi Networkに参加するためには、モバイルアプリをダウンロードし、招待コードを入力する必要があります。Pi Networkは、仮想通貨の未来を切り開くための革新的なプロジェクトと言えるでしょう。

<<参加方法>>
Pi Networkに参加していない方は、こちらのリンクから始められます。私の紹介コードを使って登録すると、私もあなたもPiを得られるようになります。Pi Networkは、スマホで簡単に仮想通貨「Pi」をマイニングできるアプリです。1日1回ボタンを押すと、スマホを放置している間も24時間分のマイニングが開始されます。私は2023年では年間357日分のマイニングを行い招待を受けた方は多くの恩恵を受けられました。紹介コードを使って登録すると、あなたのマイニング速度が25%アップする特典があります。
 https://minepi.com/

より詳しい案内と登録方法はこちらに記載しました。

世界で5000万人が参加しているスマホの仮想通貨マイニングアプリ(PiNetwork -パイネットワーク-)の紹介
マイニングはスマホ単体で可能な仮想通貨を紹介します。スマホでマイニングするといっても電池は消耗せず、1日1回アプリを起動してマイニングボタンをタップするだけでマイニングができるものです。
話題
シェアする
スマホで仮想通貨マイニングPiNetworkの始め方

コメント

タイトルとURLをコピーしました