ソラナベースのDEX「フェニックス」:エリプシス・ラボが2000万ドルを調達

話題

2024年5月14日、エリプシス・ラボがソラナブロックチェーンを基盤とする分散型取引所(DEX)「フェニックス」の開発のために2000万ドルの資金を調達しました。このニュースは、仮想通貨の分野で新たな革新が進行中であることを示しています。

分散型取引所(DEX)とは?

分散型取引所(DEX)は、中央集権的な仲介者を介さずに、ピアツーピアで仮想通貨の取引を行うことができるプラットフォームです。従来の取引所とは異なり、DEXではユーザーが自身の資産を直接管理できるため、セキュリティやプライバシーの観点でメリットがあります。

ソラナブロックチェーンの利点

ソラナは、高速で低コストの取引を実現するブロックチェーンです。これにより、フェニックスのようなDEXは迅速かつ効率的に取引を処理することができます。ソラナの技術は、仮想通貨初心者にも使いやすい環境を提供します。

エリプシス・ラボのビジョン

エリプシス・ラボは、ユーザーがより簡単に仮想通貨を取引できるようにすることを目指しています。今回の資金調達は、技術の開発とプラットフォームの拡大に充てられる予定です。

エリプシス・ラボとフェニックスについてさらに詳しく知りたい方は、公式サイトや関連資料を参照してください。

重要なキーワード

  • エリプシス・ラボ: ソラナブロックチェーンを基盤にした分散型取引所「フェニックス」を開発する企業です。この企業は、仮想通貨取引をより簡単で効率的にすることを目指しています。
  • 分散型取引所(DEX): 中央管理者を介さずに、ピアツーピアで仮想通貨の取引を行うプラットフォームです。ユーザーが自身の資産を直接管理できるため、セキュリティやプライバシーの面でメリットがあります。
  • ソラナ: 高速で低コストの取引を実現するブロックチェーンプラットフォームです。スケーラビリティとパフォーマンスに優れ、多くの分散型アプリケーション(dApp)やプロジェクトに採用されています。
  • フェニックス: エリプシス・ラボがソラナブロックチェーンを基盤に開発している分散型取引所(DEX)です。迅速で効率的な仮想通貨取引の環境を提供します。
お知らせ

Pi Networkは、ブロックチェーン技術を活用した仮想通貨プロジェクトで、ユーザーがスマートフォンを使ってPiというコインを採掘できるように設計されています。このプロジェクトの目的は、仮想通貨の普及を促進することです。

このプロジェクトは、2019年にスタンフォード大学の博士課程の学生たちによって立ち上げられました。Pi Networkは、ユーザーがアプリを起動し、毎日一回ボタンを押すだけでPiコインを採掘できる、というシンプルでエコフレンドリーな方法を提供しています。

Pi Networkの特徴の一つは、ユーザーが自分のネットワークを拡大することで採掘速度を上げることができる点です。さらに、Pi NetworkはユーザーがPiのプラットフォーム上でウェブアプリケーションを作成したり、利用したりできるようにすることで、Piコインの価値を高めることを目指しています。

現在、Pi Networkはメインネットの立ち上げに向けて開発を進めています。Pi Networkに参加するためには、モバイルアプリをダウンロードし、招待コードを入力する必要があります。Pi Networkは、仮想通貨の未来を切り開くための革新的なプロジェクトと言えるでしょう。

<<参加方法>>
Pi Networkに参加していない方は、こちらのリンクから始められます。私の紹介コードを使って登録すると、私もあなたもPiを得られるようになります。Pi Networkは、スマホで簡単に仮想通貨「Pi」をマイニングできるアプリです。1日1回ボタンを押すと、スマホを放置している間も24時間分のマイニングが開始されます。私は2023年では年間357日分のマイニングを行い招待を受けた方は多くの恩恵を受けられました。紹介コードを使って登録すると、あなたのマイニング速度が25%アップする特典があります。
 https://minepi.com/

より詳しい案内と登録方法はこちらに記載しました。

世界で5000万人が参加しているスマホの仮想通貨マイニングアプリ(PiNetwork -パイネットワーク-)の紹介
マイニングはスマホ単体で可能な仮想通貨を紹介します。スマホでマイニングするといっても電池は消耗せず、1日1回アプリを起動してマイニングボタンをタップするだけでマイニングができるものです。
話題
シェアする

コメント

タイトルとURLをコピーしました