ワールドコイン(WLD)の生体認証とは?仕組みと安全性を初心者向けに解説

話題

ワールドコイン(WLD)は、OpenAIのCEOサム・アルトマンが手掛ける暗号資産プロジェクトで、主な目的は仮想通貨を通じてベーシックインカムの実現を目指すことです。ワールドコインを受け取るためには、Orb(オーブ)と呼ばれるデバイスで虹彩をスキャンし、World IDを取得する必要があります。ここでは、この生体認証の仕組みとその安全性について詳しく解説します。

虹彩認証とは?

虹彩認証は、目の虹彩(瞳孔の周りのカラフルな部分)をスキャンして個人を識別する技術です。虹彩は非常に複雑で、個人ごとに異なるユニークな模様を持つため、他の生体認証方法に比べて非常に高い精度で個人を識別することができます。この技術は、スマートフォンのロック解除や空港のセキュリティなどでも利用されており、信頼性が高いとされています。

Orb(オーブ)の役割

Orbは、ワールドコインのエコシステムにおいて中心的な役割を果たすデバイスです。ユーザーがOrbで虹彩をスキャンすると、そのデータは暗号化されて保存され、World IDが生成されます。このWorld IDは、ワールドコインのエコシステム内での身分証明として機能し、ユーザーが仮想通貨を受け取ったり、利用したりする際に必要となります。

Worldcoin アカウント作成方法

ここでは、Worldcoinのアカウントを作成する手順について、初心者にも分かりやすく説明します。

ステップ1: World Appをダウンロードする

まず、World Appをダウンロードします。このアプリはiOSとAndroidの両方で利用可能です。App StoreまたはGoogle Playからダウンロードしてください。

World Appをインストールしてください。
リンクはこちらです。https://worldcoin.org/join/Z2WSVAF

(リファラーを含みます。5枚コインを受け取れます)

ステップ2: World Appをインストールして開く

ダウンロードが完了したら、アプリをインストールし、開きます。

ステップ3: アカウント登録を開始する

アプリを開いたら、「Sign Up」または「Register」をタップしてアカウント登録を開始します。

ステップ4: オーブ(Orb)で虹彩認証を行う

アカウント登録の過程で、Worldcoinの認証デバイスであるオーブ(Orb)を使った虹彩認証が必要です。最寄りのWorldcoinオペレーターを探し、オーブで虹彩のスキャンを行います。このステップでは、ユニークな人間であることを証明します。

ステップ5: QRコードをスキャンする

オーブでの認証が完了したら、アプリ内でQRコードをスキャンします。これにより、あなたのWorld IDがアプリにリンクされます。

ステップ6: アカウントの設定を完了する

QRコードのスキャンが完了したら、基本的な設定(ユーザー名、パスワードなど)を行い、アカウントの作成を完了します。

ステップ7: World Appの利用を開始する

アカウント作成が完了したら、World Appを使ってさまざまな機能を利用できます。これには、デジタル通貨の保存・送金、Webサービスへのサインイン、Worldcoinトークンの受け取りなどが含まれます。

注意: 一部の地域ではWorldcoinトークンの利用が制限されている場合があります。

安全性とプライバシー保護

生体認証データの扱いは、プライバシー保護の観点から非常に重要です。ワールドコインでは、ユーザーの虹彩データが暗号化されて保存されるため、外部からの不正アクセスやデータ漏洩のリスクを最小限に抑えています。また、ユーザーの同意なしにデータが共有されることはありません。さらに、虹彩データは一度暗号化されると、個人を特定できない形で保存されるため、万が一データが漏洩しても、プライバシーが侵害されるリスクは低いとされています。

ワールドコインの購入方法

日本国内の取引所ではワールドコインを直接購入することはできませんが、Bybitなどの海外取引所を利用することで購入することができます。以下はその手順です:

  1. 国内取引所でリップル(XRP)を購入します。
  2. 購入したXRPをBybitへ送金します。
  3. BybitでXRPをWLDに交換します。

ワールドコインの将来性

ワールドコインは、生体認証による本人確認が特徴で、AI時代におけるデジタルIDとしての活用が期待されています。特に、ベーシックインカムの実現を目指すプロジェクトとして注目されており、世界中の人々に仮想通貨を配布することで、新しい経済モデルの構築を目指しています。また、公共機関やその他のデジタルサービスでの利用も見込まれており、その可能性は非常に広がっています。

注意点とリスク

ワールドコインにはいくつかのリスクも存在します。特に、プライバシー保護や法的規制のリスクが指摘されています。虹彩データの収集は個人情報の取り扱いにあたるため、各国の規制が適用される可能性があります。さらに、仮想通貨市場全体がまだ発展途上であるため、価格の変動が激しく、投資リスクも高いとされています。

用語集

  • ワールドコイン(WLD): OpenAIのCEOが手掛ける仮想通貨プロジェクト。
  • ベーシックインカム: 全ての人に一定の金額を定期的に支給する仕組み。
  • Orb(オーブ): 虹彩をスキャンしてWorld IDを取得するデバイス。
  • World ID: 虹彩認証に基づくデジタルID。
  • 虹彩認証: 目の虹彩をスキャンして個人を識別する技術。
お知らせ

Pi Networkは、ブロックチェーン技術を活用した仮想通貨プロジェクトで、ユーザーがスマートフォンを使ってPiというコインを採掘できるように設計されています。このプロジェクトの目的は、仮想通貨の普及を促進することです。

このプロジェクトは、2019年にスタンフォード大学の博士課程の学生たちによって立ち上げられました。Pi Networkは、ユーザーがアプリを起動し、毎日一回ボタンを押すだけでPiコインを採掘できる、というシンプルでエコフレンドリーな方法を提供しています。

Pi Networkの特徴の一つは、ユーザーが自分のネットワークを拡大することで採掘速度を上げることができる点です。さらに、Pi NetworkはユーザーがPiのプラットフォーム上でウェブアプリケーションを作成したり、利用したりできるようにすることで、Piコインの価値を高めることを目指しています。

現在、Pi Networkはメインネットの立ち上げに向けて開発を進めています。Pi Networkに参加するためには、モバイルアプリをダウンロードし、招待コードを入力する必要があります。Pi Networkは、仮想通貨の未来を切り開くための革新的なプロジェクトと言えるでしょう。

<<参加方法>>
Pi Networkに参加していない方は、こちらのリンクから始められます。私の紹介コードを使って登録すると、私もあなたもPiを得られるようになります。Pi Networkは、スマホで簡単に仮想通貨「Pi」をマイニングできるアプリです。1日1回ボタンを押すと、スマホを放置している間も24時間分のマイニングが開始されます。私は2023年では年間357日分のマイニングを行い招待を受けた方は多くの恩恵を受けられました。紹介コードを使って登録すると、あなたのマイニング速度が25%アップする特典があります。
 https://minepi.com/

より詳しい案内と登録方法はこちらに記載しました。

世界で5000万人が参加しているスマホの仮想通貨マイニングアプリ(PiNetwork -パイネットワーク-)の紹介
マイニングはスマホ単体で可能な仮想通貨を紹介します。スマホでマイニングするといっても電池は消耗せず、1日1回アプリを起動してマイニングボタンをタップするだけでマイニングができるものです。
話題
シェアする

コメント

タイトルとURLをコピーしました