2024年1月 Pi NetworkのKYCに関する変更とは?変更点と手順を解説

PiNetwork

Pi Networkとは、スマートフォンで簡単にマイニングできる暗号通貨です。Pi Networkは、世界中の何百万人ものPioneers(パイオニア)と呼ばれるユーザーによって構成されています。Pi Networkの目標は、メインネットワークのブロックチェーンとエコシステムに参加できるように、Pioneersの身元を検証することです。そのために、KYC(Know Your Customer)というプロセスが必要になります。

KYCとは、ユーザーの身元を確認するための手続きです。KYCは、ネットワークの信頼性とコンプライアンスのために重要であるとともに、正直に自分のアカウントでマイニングしているすべての人間のPioneersにとって公平であることを確保します。実際の検証された人間がPiに参加することで、ネットワークの強度が高まり、Piの暗号通貨にさまざまな用途を持たせるエコシステムの開発が促進されます。

この記事では、Pi NetworkのKYCについて、2024年1月に発表された変更点と手順を解説します。KYCに関心のあるPioneersは、ぜひ参考にしてください。

2023年11月から2024年にかけてこ1月のKYCの変更点

2024年1月に、Pi NetworkのKYCに関する大きな変更点が発表されました。それは、以下のようなものです。

  • KYCのスロットはもはやランダムに割り当てられるものではなく、以下の2つのシナリオを除いて、誰でもPiブラウザからKYCアプリにアクセスしてKYCの申請を開始できるようになりました。
    • 新しく作成されたアカウントは、30日間(連続でなくてもよい)マイニングした後でないとKYCの申請ができません。これは、ネットワークがよりコミットメントの高い人間のPioneersにKYC検証のリソースを優先的に割り当てるためです。
    • アルゴリズムによって偽物のアカウントや違反のあるアカウントと判断された非常に少数のアカウントは、KYCの申請ができません。もし、そのようなアカウントの所有者がアルゴリズムの判断に誤りがあると思う場合は、フォームにユーザー名を記入して、さらなる調査と証拠の提出を求めることができます。
    • Pi NetworkのKYCプロセスでは、以下のようなデータ改善やシステム変更を11月から行っています。

      • 申請書の再処理:欠落データのために詰まっていた申請書を再処理し、修正の機会を与える。
      • データの自動入力:IDの写真を撮影すると、システムが自動的にIDの情報を読み取り、申請書に入力する。
      • データの検証:入力されたデータとIDの写真との間に不一致がないかどうかを確認し、エラーを修正する機会を与える。
      • データの修正:不一致や欠落を検出した場合、申請者に修正の機会を与える。

      これらの対策は、申請書の品質を向上させ、検証の効率を高めています。 Pi NetworkのKYCプロセスの改善は、2023年11月から始まりました。その後、2024年1月には、データの自動入力や検証の機能が追加されました。現在も、データの修正やフィードバックの機能など、さらなる改善が進められています。

  • KYCのスロットが開かれたときに、新しいマイニングセッションを開始すると「KYCスロット」のポップアップ通知が表示されるかどうかは、KYCの申請ができるかどうかの唯一の判断基準ではありません。ポップアップ通知は、KYCの申請ができることを知らせるためのものであり、必ずしも表示されるとは限りません。KYCの申請ができるかどうかは、PiブラウザからKYCアプリにアクセスして確認することができます。

これらの変更点は、この記事にも詳しく書かれています。もし、KYCに関する他の質問があれば、お気軽にお聞きください。

KYCの手順

KYCの申請を開始した後は、以下の3つのステップを経て、完全にKYCされた状態になります。

  1. 身分証明書の写真を撮影し、アップロードします。身分証明書は、パスポート、運転免許証、国民IDカードなど、顔写真と氏名がはっきりと確認できるものでなければなりません。身分証明書の写真は、明るい場所で、はっきりと読めるように撮影する必要があります。また、身分証明書の写真は、他のアプリやウェブサイトにアップロードされたものを再利用することはできません。PiのKYCアプリで直接撮影する必要があります。
  2. 自分の顔の写真を撮影し、アップロードします。顔写真は、自分の顔がはっきりと見えるように、正面から撮影する必要があります。顔写真は、他のアプリやウェブサイトにアップロードされたものを再利用することはできません。PiのKYCアプリで直接撮影する必要があります。
  3. KYCの申請を送信します。申請が送信されると、PiのKYCアプリでは「申請中」というステータスが表示されます。申請は、人間のバリデーターによって検証されます。バリデーターは、Piのコミュニティの中から選ばれた信頼できるPioneersです。バリデーターは、申請者の身分証明書と顔写真が一致しているかどうか、身分証明書が有効であるかどうか、申請者が人間であるかどうかなどをチェックします。バリデーターは、申請を承認するか、拒否するか、保留にするかのいずれかを選択します。保留にされた場合は、申請者に追加の情報や証拠を提供するように求められることがあります。申請が承認されると、PiのKYCアプリでは「完全にKYCされた」というステータスが表示されます。申請が拒否されると、PiのKYCアプリでは「拒否された」というステータスが表示されます。拒否された場合は、拒否の理由を確認し、再申請することができます。

以上が、Pi NetworkのKYCの手順です。KYCの申請は、PiブラウザからKYCアプリにアクセスして行うことができます。KYCの申請には、インターネット接続とカメラが必要です。また、KYCの申請には、時間と忍耐が必要です。申請が承認されるまでには、数日から数週間かかる場合があります。(管理人は1年2ヶ月待たされました。ネット上では3年待っているPioneersもいます。)申請の状況は、PiのKYCアプリで確認できます。申請が完了すると、メインネットワークのブロックチェーンとエコシステムに参加できるようになります。

まとめ

Pi NetworkのKYCとは、Pioneersの身元を検証するためのプロセスです。KYCは、ネットワークの信頼性とコンプライアンスのために重要であるとともに、正直に自分のアカウントでマイニングしているすべての人間のPioneersにとって公平であることを確保します。実際の検証された人間がPiに参加することで、ネットワークの強度が高まり、Piの暗号通貨にさまざまな用途を持たせるエコシステムの開発が促進されます。

2024年1月に、Pi NetworkのKYCに関する大きな変更点が発表されました。それは、KYCのスロットがランダムに割り当てられるものではなくなり、誰でもPiブラウザからKYCアプリにアクセスしてKYCの申請を開始できるようになったということです。ただし、新しく作成されたアカウントやアルゴリズムによって偽物や違反と判断されたアカウントは、KYCの申請ができません。また、KYCのスロットが開かれたときにポップアップ通知が表示されるかどうかは、KYCの申請ができるかどうかの唯一の判断基準ではありません。KYCの申請ができるかどうかは、PiブラウザからKYCアプリにアクセスして確認することができます。

KYCの申請を開始した後は、身分証明書と顔写真のアップロード、申請の送信という3つのステップを経て、完全にKYCされた状態になります。申請は、人間のバリデーターによって検証されます。申請が承認されると、メインネットワークのブロックチェーンとエコシステムに参加できるようになります。申請が拒否されると、再申請することができます。

この記事では、Pi NetworkのKYCについて、2024年1月に発表された変更点と手順を解説しました。KYCに関心のあるPioneersは、ぜひ参考にしてください。もし、KYCに関する他の質問があれば、お気軽にお聞きください。

お知らせ

Pi Networkは、ブロックチェーン技術を活用した仮想通貨プロジェクトで、ユーザーがスマートフォンを使ってPiというコインを採掘できるように設計されています。このプロジェクトの目的は、仮想通貨の普及を促進することです。

このプロジェクトは、2019年にスタンフォード大学の博士課程の学生たちによって立ち上げられました。Pi Networkは、ユーザーがアプリを起動し、毎日一回ボタンを押すだけでPiコインを採掘できる、というシンプルでエコフレンドリーな方法を提供しています。

Pi Networkの特徴の一つは、ユーザーが自分のネットワークを拡大することで採掘速度を上げることができる点です。さらに、Pi NetworkはユーザーがPiのプラットフォーム上でウェブアプリケーションを作成したり、利用したりできるようにすることで、Piコインの価値を高めることを目指しています。

現在、Pi Networkはメインネットの立ち上げに向けて開発を進めています。Pi Networkに参加するためには、モバイルアプリをダウンロードし、招待コードを入力する必要があります。Pi Networkは、仮想通貨の未来を切り開くための革新的なプロジェクトと言えるでしょう。

<<参加方法>>
Pi Networkに参加していない方は、こちらのリンクから始められます。私の紹介コードを使って登録すると、私もあなたもPiを得られるようになります。Pi Networkは、スマホで簡単に仮想通貨「Pi」をマイニングできるアプリです。1日1回ボタンを押すと、スマホを放置している間も24時間分のマイニングが開始されます。私は2023年では年間357日分のマイニングを行い招待を受けた方は多くの恩恵を受けられました。紹介コードを使って登録すると、あなたのマイニング速度が25%アップする特典があります。
 https://minepi.com/

より詳しい案内と登録方法はこちらに記載しました。

世界で5000万人が参加しているスマホの仮想通貨マイニングアプリ(PiNetwork -パイネットワーク-)の紹介
マイニングはスマホ単体で可能な仮想通貨を紹介します。スマホでマイニングするといっても電池は消耗せず、1日1回アプリを起動してマイニングボタンをタップするだけでマイニングができるものです。
PiNetwork
シェアする
スマホで仮想通貨マイニングPiNetworkの始め方

コメント

タイトルとURLをコピーしました