2023年4月最新 KYCに関する記事(F&Q)が公開されました

PiNetwork

2023年4月に公開されたKYCに関する記事をDEEPL翻訳しました。
アプリのアップデートが行われ多くの人がKYCに申請ができるようになりました。
せっかく申請したけれど、永遠と申請待ちになることから不満が多くありました。
そのことについてブログ記事が公開されましたので、翻訳してみました。

多くのKYCを通過させる為に仮承認というものが出てくるみたいです。
管理人も提出してから半年近く経過してますので、待ち遠しいです、

パイネットワークの参加は下記からどうぞ 詳しく解説しました!

世界で5000万人が参加しているスマホの仮想通貨マイニングアプリ(PiNetwork -パイネットワーク-)の紹介
マイニングはスマホ単体で可能な仮想通貨を紹介します。スマホでマイニングするといっても電池は消耗せず、1日1回アプリを起動してマイニングボタンをタップするだけでマイニングができるものです。

 

KYC(Know Your Customer)とは、まずユーザーの身元を確認し、次にその身元を検証するための手続きです。Pi Networkは、独自のKYCソリューションを利用して、世界中の数百万人のパイオニアの身元をスケーラブルに確認し、メインネットのブロックチェーンとエコシステムにオンボードします。

KYCはネットワークの完全性とコンプライアンスにとって重要であるだけでなく、自分のアカウントで正直に採掘してきたすべての人間のパイオニアにとって公平であることを確認することができます。Pi上で実際に検証された人間は、ネットワークの堅牢性に貢献すると同時に、ユーティリティベースのエコシステムのための様々なアプリの開発を促進するため、この目標を達成することは非常に重要です。

過去1年間、Pi KYCソフトウェアは継続的に更新され、より多くのパイオニアが申請できるようにし、申請プロセスにおけるさまざまなコーナーケースに対処し、ネットワークの完全性を保護しながら、メインネット移行に備えるために数百万人のパイオニアのアイデンティティを検証してきました。ネットワーク全体のKYCの進捗は、コアチーム、バリデーター、パイオニアを含むコミュニティの最優先事項であり続け、メインネット期のEnclosed Network期間の2つの主要目標の1つでもあります。

先日のパイの日のお祝いでは、KYCアプリの大規模なソフトウェアアップデートもリリースされ、パイの日2023のお知らせで紹介されました。私たちは、パイの日のKYCの発表について詳しく説明し、KYCの旅でパイオニアを総合的に支援するために、以下のFAQを提供します。

KYC FAQs
それでも、システムによってランダムに割り当てられたKYCスロットを取得する必要があるのでしょうか?

いいえ、以下の2つのシナリオ以外の方は、Pi Browser経由でKYCアプリにアクセスし、招待を待つことなくKYCアプリケーションを開始できるはずです。招待によるKYC枠の割り当ては過去にのみ使用されていたもので、誰でも開始できるようにプロセスが更新されました。

新規に作成されたアカウントは、30日間マイニングした後(連続する必要はありません)でないと、すぐにKYC認証の申請を行うことができません。これにより、ネットワークは、KYCを経てメインネットに移行することに意味があるほど十分な残高を採掘している、より献身的な人間のパイオニアにKYC検証のリソースを優先させることができます。

アルゴリズムによって偽アカウントの可能性が高い、または違反があるアカウントとして特定されたごく一部のアカウントは、KYCの対象外となります。そのようなアカウント所有者が、アルゴリズムによる間違いがあると考える場合、さらなる調査とそうでない可能性の証明のために、こちらのフォーム(https://minepi.com/kyc-application-access)に記入して、ユーザー名を送信する必要があります。提出された内容によって、さらに調査を行うことができます。

KYCスロットが開放されても、新しいマイニングセッションを開始するときに「KYCスロット」のポップアップ通知が表示されますか?

KYCスロット」ポップアップは表示されますが、パイオニアがKYC申請を開始する資格があるかどうかを知るための唯一の手段として、KYCポップアップ通知を使用すべきではありません。パイオニアは、Piブラウザ(KYC.PI)のKYCアプリで直接KYC資格を確認する必要があります。Pi Browserを開いて、KYCアプリに移動するだけです。ポップアップ通知は、招待ではなく、リマインダーとしてご利用ください。

Pi KYCが誰でも利用できるようになりましたが、KYCの申請はどのようにすればよいですか?

KYCの申請には、Pi Browserのダウンロードが必要です。Pi BrowserのPi KYCアプリからKYCにアクセスすることができます。関連する本人確認書類を必ずご用意ください!

パイオニアは、Pi BrowserのKYCアプリで直接KYCの資格を確認することをお勧めします。

KYCの仮承認: どのような意味があるのでしょうか?合格するために必要なことは何ですか?どれくらいの時間がかかるのか?

ネットワークの大部分には適用されないTentative KYCプログラムでは、パイオニアがKYCに完全に合格する前に、追加の検証チェックが必要です。暫定的なKYC承認は完全なKYC承認と同じではないため、追加のチェックで完全なKYC承認が確認されるまで、完全なKYC承認を必要とする機能(例:Validatorになる、メインネットに移行する)をまだ解除することはありません。しかし、暫定的なKYC承認により、アカウントは完全な承認に大きく近づきます。

選択的暫定KYCプログラムの理由は、ネットワークの完全性を確保するため、できるだけ多くの本物の人間のパイオニアにKYCを通過させる一方で、できるだけ多くの偽物やボットアカウントを捕らえ、防止するためです。これはネットワークにとって重要であるだけでなく、自分のアカウントで正直にマイニングを行っているすべての人間のパイオニアにとっても公平なことです。

具体的な追加検証ステップは個々のケースによって異なる場合があり、その完了に要する時間もまた異なる場合があります。タイミングに影響を与える要因としては、処理中のKYC申請の量、その地域の人間の検証者の利用可能性、申請の複雑さ、暫定KYCケースに適用される追加チェックの種類などがあります。

KYCのステータスが「仮承認」の場合、最終的に「KYC合格」となるまでにどれくらいの期間がかかりますか?

仮承認のステータスの期間はケースバイケースであり、必要な追加検証の範囲と種類によって異なります。KYCアプリの2023年第2四半期の優先事項の1つは、暫定的なKYCのケースにそのような追加チェックを反復して適用することです。

KYCステータスが「暫定承認」の場合、メインネットへの移行は可能ですか?

いいえ、KYCを完全にパスしないと、メインネットへの移行はできません。

KYCを提出すると、KYCアプリでどのような画面が表示されるのでしょうか?

KYCアプリケーションを提出した後、パイオニアはKYCアプリでいくつかの異なる画面を見ることができると予想されます。パイオニアは、アプリケーションが「審査中」であることを示す画面が表示されることがあります。KYC申請が仮承認された場合(追加のチェックを待ってバリデーターが承認したことを意味します)、パイオニアは「仮承認」画面を見ることができます。

追加チェックでデータと口座の真正性がさらに確認された場合、パイオニアは「KYC合格」画面を見ることができます。仮承認の対象外である大多数の申請については、受理された場合、追加チェックなしで直接「KYC passed」画面が表示されます。

以前のお知らせの通り、提出されたKYCアプリケーションは、すべてが正しく提出され、名前のアピールがない場合、15分以内に承認される場合があります。このようなケースはまだありますか?

はい、パイオニアが必要な項目を正しく入力し、国や地域で人間のバリデーターが豊富である限り、このケースは変わりません。

KYCバリデーターが氏名変更の申請を審査できるようになるのはいつ頃ですか?

アカウント名の変更を申請したパイオニア(小口更新の場合)については、機械による自動化だけで解決するか、人間のバリデーターの助けを借りて解決することになります。最初のケースは、すでにKYCプロセスを進めるためのブロックが解除されています。2つ目のケースについては、暫定的なKYC申請に対する追加チェックとバリデーターのパフォーマンス分析を経て、今年第2四半期に人間のバリデーターが名義変更の申請を審査できるようになる見込みです。

KYCは承認されたが、メインネットチェックリストStep6に反映されない。いつになったら移行を開始できますか?

コアチームは、一部のユーザーに影響を及ぼしているこの問題を認識しており、今年の第2四半期にメインネットチェックリストのデータ同期の問題を解決するために取り組んでいます。一般的に、最も正確なKYCステータスについては、常にPi KYCアプリに依存しています。

全体として、なぜPi Networkはメインネット移行前にKYCを要求するのですか?

Pi Networkのビジョンは、すべてのパイオニアのために、包括的で最も広く分散されたデジタル通貨とエコシステムを構築することです。Pi Networkのマイニングメカニズムは、ソーシャルネットワークをベースとし、本物のパイオニアの貢献に依存しています。そのため、Piは1人1アカウントという厳しいポリシーを掲げています。

このため、ネットワーク内のメンバーが本物の人間であることを証明する高い精度が求められ、個人が不当に偽アカウントを作成してPiをため込むことができないようになっています。このようにKYCは、マネーロンダリング防止やテロ防止規制の遵守に加え、ネットワークの真の人間性を確保するのに役立っています。

Pi KYCに合格した人だけが、Piメインネットに移行することができます。このブロックチェーンは、パイオニアが実際の商品やサービスにPiを使用し始めることができる、身元確認、コンプライアンス、ユーティリティ主導のエコシステムです。

翻訳サイト

DeepL翻訳:高精度な翻訳ツール
テキストや文書ファイルを瞬時に翻訳します。個人でもチームでも、高精度の翻訳をご活用いただけます。毎日、何百万もの人々がDeepLを使って翻訳しています。
お知らせ

Pi Networkは、ブロックチェーン技術を活用した仮想通貨プロジェクトで、ユーザーがスマートフォンを使ってPiというコインを採掘できるように設計されています。このプロジェクトの目的は、仮想通貨の普及を促進することです。

このプロジェクトは、2019年にスタンフォード大学の博士課程の学生たちによって立ち上げられました。Pi Networkは、ユーザーがアプリを起動し、毎日一回ボタンを押すだけでPiコインを採掘できる、というシンプルでエコフレンドリーな方法を提供しています。

Pi Networkの特徴の一つは、ユーザーが自分のネットワークを拡大することで採掘速度を上げることができる点です。さらに、Pi NetworkはユーザーがPiのプラットフォーム上でウェブアプリケーションを作成したり、利用したりできるようにすることで、Piコインの価値を高めることを目指しています。

現在、Pi Networkはメインネットの立ち上げに向けて開発を進めています。Pi Networkに参加するためには、モバイルアプリをダウンロードし、招待コードを入力する必要があります。Pi Networkは、仮想通貨の未来を切り開くための革新的なプロジェクトと言えるでしょう。

<<参加方法>>
Pi Networkに参加していない方は、こちらのリンクから始められます。私の紹介コードを使って登録すると、私もあなたもPiを得られるようになります。Pi Networkは、スマホで簡単に仮想通貨「Pi」をマイニングできるアプリです。1日1回ボタンを押すと、スマホを放置している間も24時間分のマイニングが開始されます。私は2023年では年間357日分のマイニングを行い招待を受けた方は多くの恩恵を受けられました。紹介コードを使って登録すると、あなたのマイニング速度が25%アップする特典があります。
 https://minepi.com/

より詳しい案内と登録方法はこちらに記載しました。

世界で5000万人が参加しているスマホの仮想通貨マイニングアプリ(PiNetwork -パイネットワーク-)の紹介
マイニングはスマホ単体で可能な仮想通貨を紹介します。スマホでマイニングするといっても電池は消耗せず、1日1回アプリを起動してマイニングボタンをタップするだけでマイニングができるものです。
PiNetworkお知らせ
シェアする
スマホで仮想通貨マイニングPiNetworkの始め方

コメント

タイトルとURLをコピーしました