仮想通貨Aptos(APT)とは?特徴や買い方、今後の見通しを徹底解説

用語説明

仮想通貨Aptos(APT)は、元Meta社(旧Facebook)の開発者が作った注目のレイヤー1ブロックチェーンです。高速で安全な取引環境を提供し、Web3の本拠地となることを目指しています。この記事では、Aptosの概要や特徴、買い方、今後の見通しや将来性などを初心者向けにわかりやすく解説します。

仮想通貨Aptos(APT)とは?

仮想通貨Aptos(APT)は、2022年10月18日にメインネットをローンチしたレイヤー1ブロックチェーンです。レイヤー1とは、ブロックチェーンの基盤となる層で、ビットコインやイーサリアムなどが代表的な例です。レイヤー1は、ブロックチェーンのセキュリティやスケーラビリティ(拡張性)などの性能を決める重要な要素です。

Aptosは、Meta社の仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクト「Diem(旧:Libra)」のために設計されたスマートコントラクト向けプログラミング言語である「Move言語」を用いて開発されました。Move言語は、スマートコントラクトやトークンの情報を保存する際、同じもののコピーや紛失が起こらない設計となっており、ブロックチェーンにおいて重要となる二重支払が発生しないという特徴があります。

Aptosは、高速かつ低コストな取引環境を実現できるように設計されており、DAO(分散型自律組織)やDeFi(分散型金融)、NFT(非代替性トークン)などでの利用を通じてWeb3の本拠地となることを目指しています。Web3とは、ブロックチェーンや暗号技術を用いて、インターネットの中央集権化やプライバシーの侵害などの問題を解決しようとする次世代のウェブのことです。

Aptosの仮想通貨は「APT」というティッカーシンボルで取引されています。APTは、Aptosのネットワークを維持するために必要なガス(手数料)やステーキング(賭け)に使われるほか、Aptos上で動くアプリケーションやサービスにも利用されます。APTの総供給量は10億APTで、そのうち約3割がメインネットローンチ時に流通しました。

仮想通貨Aptos(APT)の特徴

仮想通貨Aptos(APT)の特徴は、以下のようにまとめることができます。

  • 高い処理性能を持つスケーラブルなレイヤー1プロジェクト
  • 「Move」という独自の言語によって開発が行われている
  • Aptos BFT(Byzantine Fault Tolerant)という独自のコンセンサスアルゴリズムを採用
  • 業界の中でもかなりの規模となる資金調達に成功している

それぞれの特徴について、詳しく見ていきましょう。

高い処理性能を持つスケーラブルなレイヤー1プロジェクト

Aptosの特徴の一つとして、膨大なトランザクションが発生しても高速で処理できる性能の高さが挙げられます。現状のテストネットでの数値では、約1,000TPS(1秒間に処理できる取引の数)となっていますが、将来的にはこれを10,000TPSにまで拡大する計画となっています。ビットコインのTPS平均値が約7TPSであることを考えると、かなり高速でトランザクションを処理できることがわかります。

また、Aptosでは「Block-STM」というトランザクションを並列処理できる技術も導入しており、スケーラビリティを拡大しているという特徴も知っておきましょう。「Block-STM」では、トランザクションの実行と合意を切り離すことにより、複数のトランザクションを一括して処理することができます。これにより、1つのトランザクションが失敗してもチェーン全体が停止することがなく、トランザクション処理が大幅に高速化されます。

「Move」という独自の言語によって開発が行われている

Aptosでは、「Move」と呼ばれる独自の言語で開発が行われています。この「Move」は、もともとMeta社(旧Facebook)で開発が進められていたDiem(ディエム)で使われていたプログラミング言語です。「Move」では、スマートコントラクトやトークンの情報を保存する際、同じもののコピーや紛失が起こらない設計となっており、ブロックチェーンにおいて重要となる二重支払が発生しないという特徴があります。

この独自の言語によってAptosのセキュリティを高めており

、イーサリアムなどで採用されているSolidityよりも安全性が高いと言われています。

Aptos BFT(Byzantine Fault Tolerant)という独自のコンセンサスアルゴリズムを採用

Aptosでは、Aptos BFT(Byzantine Fault Tolerant)という独自のコンセンサスアルゴリズムを導入しています。このAptos BFTも、もともとはDiem BFTというMeta社(旧Facebook)で開発されたコンセンサスアルゴリズムとなっており、そこにHotStuffというテクノロジーを追加しました。

コンセンサスアルゴリズムとは、ブロックチェーンのネットワーク上で、取引の正当性や順序などを合意するためのルールや手法のことです。Aptos BFTは、**PoS(Proof of Stake)**というコンセンサスアルゴリズムの一種で、APTを保有するノードがネットワークの運営に参加する仕組みとなっています。

Aptos BFTは、HotStuffというテクノロジーによって、3段階の合意プロセスを実現しています。これにより、高速でファイナリティ(最終確定)が得られるという特徴があります。ファイナリティとは、ブロックチェーン上で取引が確定するまでの時間のことで、これが高速であればあるほど、ユーザーの利便性や信頼性が向上します。

業界の中でもかなりの規模となる資金調達に成功している

Aptosの特徴のもう一つとして、業界の中でもかなりの規模となる資金調達に成功しているという点が挙げられます。Aptosは、2021年9月にシリーズAラウンドで480億円以上の資金を調達しました1。この資金調達には、a16z(アンドリーセン・ホロウィッツ)やTiger Globalなどの有名ベンチャーキャピタルが参加しています。

これらの投資家は、Aptosのビジョンや技術に高い期待を寄せており、Aptosの将来性や成長性を高く評価しています。Aptosは、この資金調達によって、開発やマーケティングなどの事業拡大に注力するとしています。

仮想通貨Aptos(APT)の今後の見通し・予想

仮想通貨Aptos(APT)の今後の見通しや予想について、以下のようなポイントが考えられます。

  • Aptosのブロックチェーンで様々なプロジェクトがリリースされる
  • 仮想通貨取引所にてAPTトークンが新規上場する
  • Web3の普及やMeta社との関係性によって注目度が高まる

それぞれのポイントについて、詳しく見ていきましょう。

Aptosのブロックチェーンで様々なプロジェクトがリリースされる

Aptosのブロックチェーンは、高速で安全な取引環境を提供することで、様々な分野のプロジェクトに適しています。特に、DAODeFiNFTなどの分野では、Aptosのブロックチェーンが優位性を発揮すると考えられます。

実際に、Aptosのブロックチェーン上で動くプロジェクトとして、以下のようなものがすでにリリースされています2

  • Souffl3:Aptosのブロックチェーン上で動くドメイン名登録サービス。APTトークンを使って、.aptosというドメイン名を取得できる。
  • AptosSwap:Aptosのブロックチェーン上で動く分散型取引所(DEX)。APTトークンを使って、Aptos上で発行されたトークンや他のブロックチェーンのトークンと交換できる。
  • AptosNFT:Aptosのブロックチェーン上で動くNFTマーケットプレイス。APTトークンを使って、Aptos上で発行されたNFTを売買できる。

これらのプロジェクトは、Aptosのブロックチェーンの利用シーンや需要を高めることにつながります。また、今後もAptosのブロックチェーンで新たなプロジェクトがリリースされる可能性が高いと言えるでしょう。

仮想通貨取引所にてAPTトークンが新規上場する

Aptosの最後の見通しとして、仮想通貨取引所にて独自トークンAPTの新規上場が予想されます。まだトークン自体が発行されていませんが、おそらく海外の主要な取引所にてラインナップされると考えられるでしょう。

APTトークンは、Aptosのブロックチェーンのネットワークを維持するために必要なガス(手数料)やステーキング(賭け)に使われるほか、Aptos上で動くアプリケーションやサービスにも利用されます。そのため、APTトークンの需要や価値は、Aptosのブロックチェーンの活性度や人気に大きく影響されると言えます。

APTトークンが新規上場する際には、高い注目度や需要が見込まれると予想されます。そのため、APTトークンの価格も上昇する可能性が高いと言えるでしょう。ただし、仮想通貨市場は常に変動するものであり、APTトークンの価格も保証されるものではありません。投資は自己責任で行うようにしましょう。

Web3の普及やMeta社との関係性によって注目度が高まる

Aptosのブロックチェーンは、Web3の本拠地となることを目指しています。Web3とは、ブロックチェーンや暗号技術を用いて、インターネットの中央集権化やプライバシーの侵害などの問題を解決しようとする次世代のウ

ェブのことです。

Aptosのブロックチェーンは、Web3の本拠地となることを目指していますが、そのためにはMeta社(旧Facebook)との関係性が重要となります。Meta社は、2021年10月に社名を変更し、メタバースという仮想空間を構築することを発表しました。メタバースとは、現実と仮想の境界が曖昧になり、人々が自由にコミュニケーションやエンターテイメントを楽しめる次世代のインターネットのことです。

Meta社は、メタバースを実現するために、Diemという仮想通貨やOculusというVR(仮想現実)デバイスなどを開発しています。これらのプロジェクトは、Aptosのブロックチェーンと密接に関係しており、Aptosのブロックチェーンがメタバースのインフラとして活用される可能性があります。

Aptosのブロックチェーンは、元Meta社の開発者が作ったものであり、Meta社のプロジェクトで使われていた技術や言語を採用しています。そのため、Aptosのブロックチェーンは、Meta社のプロジェクトとの互換性や連携性が高いと言えます。また、Aptosの開発チームは、Meta社とのパートナーシップや協力関係を構築することを目指しています。

Meta社との関係性が強化されれば、Aptosのブロックチェーンは、メタバースの中で重要な役割を果たすことができるでしょう。メタバースは、Web3の最先端とも言える分野であり、Aptosのブロックチェーンがメタバースに貢献できれば、Aptosのブロックチェーンの注目度や価値も高まると予想されます。

仮想通貨Aptos(APT)の買い方

仮想通貨Aptos(APT)の買い方について、以下のような手順で説明します。

  • Aptosのブロックチェーンにアクセスできるウォレットを作成する
  • Aptosのブロックチェーンに対応した取引所でAPTトークンを購入する
  • ウォレットにAPTトークンを送金する

それぞれの手順について、詳しく見ていきましょう。

Aptosのブロックチェーンにアクセスできるウォレットを作成する

Aptosのブロックチェーンにアクセスできるウォレットとして、Aptos Walletという公式のウォレットがあります。Aptos Walletは、ウェブブラウザやスマートフォンで利用できるウォレットで、APTトークンの管理や送受金、Aptos上で動くアプリケーションやサービスの利用などができます。

Aptos Walletを作成するには、以下のような手順を踏みます。

  • Aptos Walletの公式サイトにアクセスする
  • 「Create a new wallet」をクリックする
  • パスワードを設定し、「Create」をクリックする
  • シークレットフレーズ(12個の英単語)を表示し、メモして安全な場所に保管する
  • シークレットフレーズを確認し、「Confirm」をクリックする

これで、Aptos Walletの作成が完了します。Aptos Walletのアドレスは、APTトークンを送受金する際に必要となるので、メモしておきましょう。

Aptosのブロックチェーンに対応した取引所でAPTトークンを購入する

APTトークンを購入するには、Aptosのブロックチェーンに対応した取引所を利用する必要があります。現在、APTトークンはまだメインネットローンチされていないため、取引所での取り扱いはありませんが、将来的には海外の主要な取引所で上場されると予想されます。

APTトークンを購入するには、以下のような手順を踏みます。

  • Aptosのブロックチェーンに対応した取引所を選ぶ
  • 取引所に登録し、本人確認やセキュリティ設定を行う
  • 取引所に日本円やビットコインなどを入金する
  • APTトークンと交換できる通貨ペアを選ぶ
  • 希望する価格と数量を入力し、注文を出す
  • 注文が約定するのを待つ

これで、APTトークンの購入が完了します。APTトークンは、取引所に保管することもできますが、セキュリティの観点から、自分のウォレットに送金することをおすすめします。

ウォレットにAPTトークンを送金する

APTトークンをウォレットに送金するには、以下のような手順を踏みます。

  • 取引所にログインし、APTトークンの残高を確認する
  • 「送金」や「出金」などのボタンをクリックする
  • 送金先のウォレットアドレスを入力する
  • 送金するAPTトークンの数量を入力する
  • 必要に応じて、ガス(手数料)やメモなどの情報を入力する
  • 「送金確認」や「出金確認」などのボタンをクリックする
  • メールやSMSなどで送られてくる確認コードを入力する
  • 送金が完了するのを待つ

これで、APTトークンの送金が完了します。送金には、数分から数時間かかる場合がありますので、ご注意ください。

仮想通貨Aptos(APT)に関する用語の解説

この記事では、仮想通貨Aptos(APT)に関する用語を多く紹介しました。ここでは、その用語の中から、特に重要なものを抽出し、簡単に説明します。

  • 仮想通貨:インターネット上で発行され、取引される電子通貨のこと。暗号技術によって、セキュリティや信頼性が保たれる。
  • レイヤー1:ブロックチェーンの基盤となる層のこと。ブロックチェーンの性能や特徴を決める要素である。ビットコインやイーサリアムなどが代表的な例。
  • Move言語:Aptosのブロックチェーンで使われているプログラミング言語のこと。元Meta社(旧Facebook)のプロジェクトであるDiemで開発された言語で、二重支払が発生しないという特徴がある。
  • Web3:ブロックチェーンや暗号技術を用いて、インターネットの中央集権化やプライバシーの侵害などの問題を解決しようとする次世代のウェブのこと。
  • APT:Aptosのブロックチェーンの仮想通貨のこと。Aptosのネットワークを維持するために必要なガス(手数料)やステーキング(賭け)に使われるほか、Aptos上で動くアプリケーションやサービスにも利用される。
  • コンセンサスアルゴリズム:ブロックチェーンのネットワーク上で、取引の正当性や順序などを合意するためのルールや手法のこと。Aptosでは、Aptos BFTという独自のコンセンサスアルゴリズムを採用している。
  • PoS(Proof of Stake):コンセンサスアルゴリズムの一種で、仮想通貨を保有するノードがネットワークの運営に参加する仕組みのこと。APTを保有するノードは、APTを賭けることで、ブロックの生成や検証などの役割を担う。
  • メタバース:現実と仮想の境界が曖昧になり、人々が自由にコミュニケーションやエンターテイメントを楽しめる次世代のインターネットのこと。Meta社(旧Facebook)は、メタバースを実現するために、仮想通貨やVRデバイスなどを開発している。

以上が、仮想通貨Aptos(APT)に関する用語の解説です。この記事を読んで、Aptosの概要や特徴、買い方、今後の見通しや予想などを理解できたでしょうか。Aptosは、Web3の本拠地となることを目指す注目のレイヤー1プロジェクトです。Aptosのブロックチェーンに関心がある方は、ぜひAPTトークンをチェックしてみてください。

まとめ

この記事では、仮想通貨Aptos(APT)とは何か、その特徴や買い方、今後の見通しや予想などを初心者向けにわかりやすく解説しました。Aptosは、元Meta社の開発者が作った高速で安全なレイヤー1ブロックチェーンです。Aptosのブロックチェーンは、Web3の本拠地となることを目指しており、メタバースやNFTなどの分野で活躍する可能性があります。Aptosのブロックチェーンに関心がある方は、ぜひAPTトークンをチェックしてみてください。

お知らせ

Pi Networkは、ブロックチェーン技術を活用した仮想通貨プロジェクトで、ユーザーがスマートフォンを使ってPiというコインを採掘できるように設計されています。このプロジェクトの目的は、仮想通貨の普及を促進することです。

このプロジェクトは、2019年にスタンフォード大学の博士課程の学生たちによって立ち上げられました。Pi Networkは、ユーザーがアプリを起動し、毎日一回ボタンを押すだけでPiコインを採掘できる、というシンプルでエコフレンドリーな方法を提供しています。

Pi Networkの特徴の一つは、ユーザーが自分のネットワークを拡大することで採掘速度を上げることができる点です。さらに、Pi NetworkはユーザーがPiのプラットフォーム上でウェブアプリケーションを作成したり、利用したりできるようにすることで、Piコインの価値を高めることを目指しています。

現在、Pi Networkはメインネットの立ち上げに向けて開発を進めています。Pi Networkに参加するためには、モバイルアプリをダウンロードし、招待コードを入力する必要があります。Pi Networkは、仮想通貨の未来を切り開くための革新的なプロジェクトと言えるでしょう。

<<参加方法>>
Pi Networkに参加していない方は、こちらのリンクから始められます。私の紹介コードを使って登録すると、私もあなたもPiを得られるようになります。Pi Networkは、スマホで簡単に仮想通貨「Pi」をマイニングできるアプリです。1日1回ボタンを押すと、スマホを放置している間も24時間分のマイニングが開始されます。私は2023年では年間357日分のマイニングを行い招待を受けた方は多くの恩恵を受けられました。紹介コードを使って登録すると、あなたのマイニング速度が25%アップする特典があります。
 https://minepi.com/

より詳しい案内と登録方法はこちらに記載しました。

世界で5000万人が参加しているスマホの仮想通貨マイニングアプリ(PiNetwork -パイネットワーク-)の紹介
マイニングはスマホ単体で可能な仮想通貨を紹介します。スマホでマイニングするといっても電池は消耗せず、1日1回アプリを起動してマイニングボタンをタップするだけでマイニングができるものです。
用語説明
シェアする
スマホで仮想通貨マイニングPiNetworkの始め方

コメント

タイトルとURLをコピーしました