コールドウォレットとホットウォレットの違い:仮想通貨保管方法を解説

用語説明

コールドウォレットとホットウォレットの違いは、仮想通貨の保管方法の違いです。

コールドウォレット:インターネット経由で接続されていない公的なデバイス(USBなど)を使用して、仮想通貨を保管する手法です。ネットワークに接続されていないため、ハッキングなどによる仮想通貨の盗難を防ぐことができますが、仮想通貨の取引ができない代わりに、使いづらさもあります。

ホットウォレット:インターネット経由で仮想通貨を保管する方法です。不正アクセスを受ける可能性がありますが、個人情報が露出することもありませんし、仮想通貨の取引をすぐに行うことができます。仮想通貨への不正アクセスを防ぐため、2要素認証を使用するなどの対策が必要になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました