プライバシーを守る仮想通貨の新星、Manta Networkがバイナンスに登場!その特徴と最新ニュースを解説

用語説明

Manta Networkとは?

Manta Networkとは、ゼロ知識証明(ZK)を用いたレイヤー2(L2)エコシステムです。ゼロ知識証明とは、証明者が検証者に対して、ある主張が正しいことを、その主張に関する詳細な情報を明かさずに証明する技術です。例えば、ある仮想通貨の取引が正当であることを、取引の内容や参加者のアドレスを隠したまま証明することができます。これにより、仮想通貨のプライバシーを保護することができます。

Manta Networkは、ゼロ知識証明を用いたアプリケーションをより簡単に実現するためのエコシステムとして構築されています。Manta Networkは、エコシステムとして3つのブロックチェーンを有しており、それぞれに異なる特徴や役割があります。それらは以下の通りです。

– Manta Atlantic:ポルカドット(DOT)上の最速(現段階)のZKレイヤー1(L1)チェーンです。プログラム可能なZK駆動の機密オンチェーンアイデンティティとクレデンシャルをWeb3に導入し、zk-SNARKsベースのトークン(zkSBTs)を通じてこれを実現します。
– Calamari Network:クサマ(KSM)上のZKレイヤー1チェーンで、Manta Atlanticのカナリアネットワークです。Manta Atlanticと同様の機能を提供しますが、より実験的で革新的なものになります。
– Manta Pacific:イーサリアム(ETH)上に構築されたモジュラーL2エコシステムです。次世代のdAppsが従来のEthereum Virtual Machine(EVM)環境の制限を超えて成長できるよう、スケーリング可能でコスト効率の高いガス料金環境を提供します。

Manta Networkの主なサービスと技術

Manta Networkは、ゼロ知識証明を用いたレイヤー2エコシステムとして、仮想通貨のプライバシーを保護するための様々なサービスや技術を提供しています。その中でも、特に注目すべきものは以下の通りです。

– MantaPay:Manta Networkの基幹サービスで、ZK駆動のプライバシー支払いソリューションです。MantaPayは、Manta AtlanticやCalamari Network上で発行されたzkSBTsを用いて、プライバシーを保ちながら仮想通貨の送受金を行うことができます。zkSBTsは、ERC-20やERC-721などの既存のトークン規格に準拠した、ゼロ知識証明によってプライバシーが保護されたトークンです。MantaPayは、ユーザーにとって使いやすく、開発者にとって統合しやすいように設計されています。
– MantaSwap:Manta Networkのもう一つの基幹サービスで、ZK駆動のプライバシー保護型分散型取引所(DEX)です。MantaSwapは、MantaPayと連携して、zkSBTsの間でプライバシーを保ちながら流動性の高い取引を行うことができます。MantaSwapは、既存のDEXと同様のユーザー体験を提供しながら、プライバシーの侵害やフロントランニングなどの問題を解決します。
– zkNFTs:Manta Networkが開発中の新しい技術で、非代替可能トークン(NFT)のプライバシーを保護するためのソリューションです。zkNFTsは、NFTの所有権や属性をゼロ知識証明によって隠蔽しながら、NFTの譲渡や交換を行うことができます。zkNFTsは、NFTの所有者や作成者にとって、プライバシーの権利を守るとともに、NFTの価値を高めることができます。

Manta Networkの最新ニュース

Manta Networkの各チェーンのローンチステータスは以下の通りです。

– Manta Atlantic:パラチェーンオークションに参加するための準備を進めています。パラチェーンオークションの日程はまだ発表されていませんが、近いうちに開始されると予想されています。
– Calamari Network:クサマの第6回パラチェーンオークションで勝利し、パラチェーンとしてローンチしました。現在は、ネットワークの安定化や機能の追加を行っています。Calamari NetworkのトークンであるKMAは、[Polkastarter]や[Gate.io]などの取引所で取引されています。
– Manta Pacific:イーサリアム上でローンチしました。現在は、ネットワークの拡大やパートナーシップの締結を行っています。Manta PacificのトークンであるMANTAは、[Binance]や[Coinbase]などの取引所で取引されています。

Manta Networkのバイナンス上場について

Manta Networkは、2024年1月18日に、世界最大の仮想通貨取引所であるバイナンスに上場することを発表しました。これは、Manta Networkのプロジェクトの成長と実績を認められたことを示すもので、仮想通貨のプライバシーに関心の高いユーザーや投資家にとって大きなニュースとなりました。

Manta Networkは、バイナンスのローンチプール銘柄としても選ばれ、BNBやFDUSDをステークすることで、MANTAトークンを報酬として獲得することができました。MANTAトークン総供給量の3%に相当する30,000,000MANTAが、このキャンペーンで配布されました¹。

バイナンスは、Manta Networkに対して、戦略的な投資も行っています。バイナンスのイノベーションインキュベータであるバイナンスラボは、Manta NetworkのWeb3プライバシープロトコルに資金と支援を提供しています⁴。バイナンスラボのヘッドであるウェイ・シューは、Manta Networkのビジョンと技術に感銘を受けたと述べており、Manta NetworkがWeb3のプライバシーの標準となると期待しています⁴。

Manta Networkのバイナンス上場は、プロジェクトの信頼性と規模を高めるだけでなく、MANTAトークンの流動性と価値も向上させると考えられます。Manta Networkは、バイナンスとのパートナーシップを通じて、仮想通貨のプライバシーを保護するためのゼロ知識証明を用いたレイヤー2エコシステムの普及と発展に貢献していくとしています。

まとめ

この記事では、Manta Networkというプロジェクトについて、その特徴や最新のニュースを初心者向けに解説しました。Manta Networkは、ゼロ知識証明を用いたレイヤー2エコシステムとして、仮想通貨のプライバシーを保護するための様々なサービスや技術を提供しています。Manta Networkは、2024年1月18日にバイナンスに上場し、仮想通貨のプライバシーに関心の高いユーザーや投資家にとって注目すべきプロジェクトとなっています。

記事に登場したキーワード

– Manta Network:ゼロ知識証明を用いたレイヤー2エコシステムです。仮想通貨のプライバシーを保護するための様々なサービスや技術を提供しています。
– ゼロ知識証明:証明者が検証者に対して、ある主張が正しいことを、その主張に関する詳細な情報を明かさずに証明する技術です。
– レイヤー2:ブロックチェーンの基盤となるレイヤー1の上に構築された、スケーラビリティやプライバシーなどの機能を向上させるためのソリューションです。
– 仮想通貨:暗号化されたデジタル通貨で、中央機関や政府による発行や管理を必要としません。
– プライバシー:個人や団体が、自らの情報や活動を他者から隠蔽する権利や能力です。
– MantaPay:Manta Networkの基幹サービスで、ZK駆動のプライバシー支払いソリューションです。
– MantaSwap:Manta Networkの基幹サービスで、ZK駆動のプライバシー保護型分散型取引所です。
– zkNFTs:Manta Networkが開発中の新しい技術で、非代替可能トークンのプライバシーを保護するためのソリューションです。
– Manta Atlantic:ポルカドット上の最速のZKレイヤー1チェーンです。
– Calamari Network:クサマ上のZKレイヤー1チェーンで、Manta Atlanticのカナリアネットワークです。
– Manta Pacific:イーサリアム上に構築されたモジュラーL2エコシステムです。
– バイナンス:世界最大の仮想通貨取引所です。Manta Networkに戦略的な投資を行っています。

ソース
(1) Manta Network | The Modular Blockchain for ZK Applications. https://manta.network/.
(2) エアドロップなどで注目集めるManta Network 、バイナンス上場予定. https://coinpost.jp/?p=505009.
(3) Manta Network:首个即插即用的隐私保护平行链 – 知乎. https://zhuanlan.zhihu.com/p/414314448.
(4) Manta Network(MANTA)の解説 | TOKEN ECONOMIST. https://www.token-economist.com/2023/10/09/mantanetwork-description/.
(5) Manta Network | The Modular Blockchain for ZK Applications …. https://manta.network/community.html.

お知らせ

Pi Networkは、ブロックチェーン技術を活用した仮想通貨プロジェクトで、ユーザーがスマートフォンを使ってPiというコインを採掘できるように設計されています。このプロジェクトの目的は、仮想通貨の普及を促進することです。

このプロジェクトは、2019年にスタンフォード大学の博士課程の学生たちによって立ち上げられました。Pi Networkは、ユーザーがアプリを起動し、毎日一回ボタンを押すだけでPiコインを採掘できる、というシンプルでエコフレンドリーな方法を提供しています。

Pi Networkの特徴の一つは、ユーザーが自分のネットワークを拡大することで採掘速度を上げることができる点です。さらに、Pi NetworkはユーザーがPiのプラットフォーム上でウェブアプリケーションを作成したり、利用したりできるようにすることで、Piコインの価値を高めることを目指しています。

現在、Pi Networkはメインネットの立ち上げに向けて開発を進めています。Pi Networkに参加するためには、モバイルアプリをダウンロードし、招待コードを入力する必要があります。Pi Networkは、仮想通貨の未来を切り開くための革新的なプロジェクトと言えるでしょう。

<<参加方法>>
Pi Networkに参加していない方は、こちらのリンクから始められます。私の紹介コードを使って登録すると、私もあなたもPiを得られるようになります。Pi Networkは、スマホで簡単に仮想通貨「Pi」をマイニングできるアプリです。1日1回ボタンを押すと、スマホを放置している間も24時間分のマイニングが開始されます。私は2023年では年間357日分のマイニングを行い招待を受けた方は多くの恩恵を受けられました。紹介コードを使って登録すると、あなたのマイニング速度が25%アップする特典があります。
 https://minepi.com/

より詳しい案内と登録方法はこちらに記載しました。

世界で5000万人が参加しているスマホの仮想通貨マイニングアプリ(PiNetwork -パイネットワーク-)の紹介
マイニングはスマホ単体で可能な仮想通貨を紹介します。スマホでマイニングするといっても電池は消耗せず、1日1回アプリを起動してマイニングボタンをタップするだけでマイニングができるものです。
用語説明
シェアする
スマホで仮想通貨マイニングPiNetworkの始め方

コメント

タイトルとURLをコピーしました