仮想通貨のサーキュレーションサプライ:流通中の通貨量を理解する

用語説明

仮想通貨のサーキュレーションサプライ:流通中の通貨量を理解する

サーキュレーションサプライ(Circulating Supply)とは、仮想通貨が流通中の量のことを指します。つまり、特定の市場で取引されているコインやトークンの量を指し、単純には「流通中の通貨量」と言えます。

流通中の通貨量とは、確実に市場上で売買されている通貨の量を表します。例えば、ビットコインの場合、現在約1700万枚が流通しています。 最終的なトータルサプライ(Total Supply)は2100万枚ですが、そのうちの1700万枚が流通中の量に該当します。また、そのうちの約1500万枚が交換業者などから長期的に保持されており、市場で取引されていないことを考慮すると、現在、本当に行われている取引の中心にあるビットコインの量が約200万枚になります。

同様に、多くの仮想通貨とトークンのトータルサプライ量は既に固定されていますが、サーキュレーションサプライ量は常に変わります。サーキュレーションサプライをみることで、市場で取引されている実際の通貨の量を可能な限り正確に把握できるため、市場の量的な動きを理解する上で重要な情報となります。

今後も仮想通貨市場の状況は流動的であるため、サーキュレーションサプライの変化を常に注視する必要があります。サーキュレーションサプライを把握することで、市場の状況を理解する上で役立つ情報を得ることができるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました