ワールドコインとは?目の虹彩で仮想通貨を配る画期的なプロジェクトの特徴と課題

話題

ワールドコインとは、AIの起業家であるサム・アルトマンが立ち上げた仮想通貨プロジェクトです。ワールドコインは、人々に自分の目の虹彩をスキャンすることと引き換えに、デジタルコインを与えるという画期的な仕組みを持っています。この記事では、ワールドコインの特徴や目的、現状や課題について、海外のサイトからの情報をもとに、仮想通貨初心者に向けて優しく解説します。

ワールドコインの特徴

ワールドコインの最大の特徴は、その登録方法です。ワールドコインは、人間であることを証明するために、目の虹彩をスキャンする必要があります。そのために、ワールドコインは、ボウリングの球ぐらいの大きさの銀色の球体、通称「オーブ」と呼ばれる装置を開発しました。オーブは、人の目を高精度に撮影し、その画像を暗号化して、ブロックチェーンに保存します。このとき、個人情報や位置情報などは一切収集されません。オーブのスキャンによって、ワールドコインは、人間であることを保証する「ワールドID」というデジタルパスポートを発行します1

ワールドIDは、ワールドコインのネットワークに参加するための必須条件です。ワールドIDを持つ人は、ワールドコインの仮想通貨トークンであるWLDを受け取ることができます。WLDは、ワールドアプという、ワールドコインの専用のウォレットアプリで管理できます。ワールドアプは、イーサリアムのサイドチェーンであるポリゴンに構築されており、高速で低コストのトランザクションを実現しています2。ワールドアプでは、WLDを購入したり、売却したり、他の人に送金したりすることができます。

ワールドコインの目的

ワールドコインの目的は、AIの時代における人間の価値と権利を守ることです。ワールドコインの創設者であるサム・アルトマンは、AIが人間の仕事を奪うことで、経済格差や社会不安が増大すると考えています。そのため、彼は、ワールドコインを通じて、全ての人に平等に仮想通貨を配布することで、ユニバーサルベーシックインカム(UBI)という社会保障制度を実現しようとしています1。UBIとは、政府などの機関が、個人の所得や資産に関係なく、一定額の現金を定期的に支給するという制度です。UBIは、人々の生活水準を向上させるとともに、自由な時間や創造性を増やすというメリットがあります。

しかし、UBIを実現するには、人間であることを証明することが必要です。そこで、ワールドコインは、目の虹彩をスキャンすることで、人間であることを保証するワールドIDを開発しました。ワールドIDは、UBIの受給資格を確認するだけでなく、AIのボットと人間を区別することもできます。近年、AIは、人間の言葉や行動を模倣する能力を高めており、インターネット上では、AIのボットと人間を見分けることが困難になっています。ワールドIDは、ブロックチェーンによって、プライバシーを保護しながら、人間であることを証明することができます2

ワールドコインの現状と課題

ワールドコインは、2023年7月24日に正式にローンチしました。その日には、世界中の35都市でオーブのスキャンが行われ、2万人以上がワールドIDを取得しました3。ワールドコインは、特にアフリカやアジアなどの発展途上国で人気があり、多くの人が無料の仮想通貨を受け取るために長時間の列に並びました4。ワールドコインは、現在、約200万人のユーザーを持ち、そのうち約40%がアフリカに住んでいます1。ワールドコインの仮想通貨トークンであるWLDは、初日に0.15ドルから5.29ドルまで急騰し、その後は2ドル前後で推移しています1

しかし、ワールドコインには、多くの課題もあります。まず、ワールドコインの登録方法は、人々のプライバシーや安全性に対する懸念を引き起こしています。目の虹彩は、指紋や顔写真と同様に、個人を特定するための重要な生体情報です。ワールドコインは、目の画像を暗号化してブロックチェーンに保存すると主張していますが、その技術的な詳細は公開されていません。また、オーブのスキャンは、人々の目に悪影響を及ぼす可能性もあります。さらに、ワールドコインの登録者の中には、オーブのスキャンによって、自分の目が売られたり、盗まれたりすると信じている人もいるという報告があります4

次に、ワールドコインの目指すUBIの実現性にも疑問があります。ワールドコインは、全ての人に平等に仮想通貨を配布することで、UBIを実現しようとしていますが、その仮想通貨の価値は、市場の需給によって変動します。つまり、ワールドコインの価値が下がれば、UBIの効果も低下するということです。また、ワールドコインは、UBIの支払いを行う機関や方法については、明確にしていません。ワールドコインは、政府や中央銀行とは独立したプロジェクトであるため、UBIの財源や運営をどのように確保するのか、不透明な点が多いのです1

まとめ

お知らせ

Pi Networkは、ブロックチェーン技術を活用した仮想通貨プロジェクトで、ユーザーがスマートフォンを使ってPiというコインを採掘できるように設計されています。このプロジェクトの目的は、仮想通貨の普及を促進することです。

このプロジェクトは、2019年にスタンフォード大学の博士課程の学生たちによって立ち上げられました。Pi Networkは、ユーザーがアプリを起動し、毎日一回ボタンを押すだけでPiコインを採掘できる、というシンプルでエコフレンドリーな方法を提供しています。

Pi Networkの特徴の一つは、ユーザーが自分のネットワークを拡大することで採掘速度を上げることができる点です。さらに、Pi NetworkはユーザーがPiのプラットフォーム上でウェブアプリケーションを作成したり、利用したりできるようにすることで、Piコインの価値を高めることを目指しています。

現在、Pi Networkはメインネットの立ち上げに向けて開発を進めています。Pi Networkに参加するためには、モバイルアプリをダウンロードし、招待コードを入力する必要があります。Pi Networkは、仮想通貨の未来を切り開くための革新的なプロジェクトと言えるでしょう。

<<参加方法>>
Pi Networkに参加していない方は、こちらのリンクから始められます。私の紹介コードを使って登録すると、私もあなたもPiを得られるようになります。Pi Networkは、スマホで簡単に仮想通貨「Pi」をマイニングできるアプリです。1日1回ボタンを押すと、スマホを放置している間も24時間分のマイニングが開始されます。私は2023年では年間357日分のマイニングを行い招待を受けた方は多くの恩恵を受けられました。紹介コードを使って登録すると、あなたのマイニング速度が25%アップする特典があります。
 https://minepi.com/

より詳しい案内と登録方法はこちらに記載しました。

世界で5000万人が参加しているスマホの仮想通貨マイニングアプリ(PiNetwork -パイネットワーク-)の紹介
マイニングはスマホ単体で可能な仮想通貨を紹介します。スマホでマイニングするといっても電池は消耗せず、1日1回アプリを起動してマイニングボタンをタップするだけでマイニングができるものです。
話題
シェアする
スマホで仮想通貨マイニングPiNetworkの始め方

コメント

タイトルとURLをコピーしました