スポットETFとは?ビットコイン現物ETFと先物ETFの違いやメリット・デメリットを徹底解説!

用語説明

スポットETFとは、ビットコインなどの仮想通貨を現物で保有する上場投資信託のことです。仮想通貨に投資したいけど、直接ビットコインを買うのは面倒だし、リスクも高いと感じる方にとって、スポットETFは魅力的な選択肢になります。

しかし、スポットETFにはメリットだけでなく、注意点や最新の動向もあります。この記事では、スポットETFの基本的な仕組みや特徴、メリットや注意点、最新の動向などを初心者向けにわかりやすく解説します。

スポットETFに興味のある方は、ぜひ最後までお読みください。

スポットETFの仕組みと特徴

スポットETFとは、Exchange Traded Fund(上場投資信託)の一種で、ビットコインなどの仮想通貨を現物で保有する投資信託です。スポットETFは、証券取引所に上場しており、個別銘柄と同じように売買できます。

スポットETFの仕組みは、以下のようになります。

  • スポットETFのプロバイダー(運用会社)は、ビットコインなどの仮想通貨を市場から購入して、保管します。
  • スポットETFのプロバイダーは、保有する仮想通貨の数量に応じて、スポットETFの単位(シェア)を発行します。
  • スポットETFの単位は、証券取引所に上場され、投資家は自分の証券口座から、スポットETFの銘柄コードを入力して、売買できます。
  • スポットETFの価格は、保有する仮想通貨の現物価格に連動します。仮想通貨の価格が上がれば、スポットETFの価格も上がります。逆に、仮想通貨の価格が下がれば、スポットETFの価格も下がります。

スポットETFの特徴は、以下のようになります。

  • スポットETFは、仮想通貨の現物価格に連動するので、仮想通貨の値動きをそのまま反映します。仮想通貨の価格が高騰すれば、スポットETFの価格も高騰します。逆に、仮想通貨の価格が暴落すれば、スポットETFの価格も暴落します。
  • スポットETFは、証券取引所に上場しているので、取引所が開いている時間なら、いつでもその時々の値段で売買できます。また、証券会社によっては、スポットETFの取引手数料が無料や割引になる場合もあります。
  • スポットETFは、仮想通貨を直接保有する必要がないので、仮想通貨の管理やセキュリティの面倒を省くことができます。また、仮想通貨の取引所やウォレットの手数料やリスクも回避できます。
  • スポットETFは、仮想通貨の税制に関係なく、一般的な投資信託と同じ税制になります。つまり、スポットETFの売却益は、譲渡所得として課税されます。また、スポットETFの分配金は、配当所得として課税されます。

スポットETFのメリット

スポットETFには、以下のようなメリットがあります。

  • スポットETFは、仮想通貨の現物価格に連動するので、仮想通貨の値動きをそのまま反映します。仮想通貨の価格が高騰すれば、スポットETFの価格も高騰します。逆に、仮想通貨の価格が暴落すれば、スポットETFの価格も暴落します。これは、仮想通貨の先物やオプションなどの派生商品とは異なり、仮想通貨の価格とスポットETFの価格の乖離(ギャップ)が発生しないことを意味します。スポットETFは、仮想通貨の価格に忠実に追従する投資商品です。
  • スポットETFは、証券取引所に上場しているので、取引所が開いている時間なら、いつでもその時々の値段で売買できます。これは、仮想通貨の取引所やウォレットとは異なり、取引時間や取引量に制限がないことを意味します。スポットETFは、仮想通貨の流動性やアクセシビリティを向上させる投資商品です。
  • スポットETFは、仮想通貨を直接保有する必要がないので、仮想通貨の管理やセキュリティの面倒を省くことができます。仮想通貨を保有する場合、取引所やウォレットの

    選択や登録の手数料やリスクも回避できます。仮想通貨を保有する場合、ハッキングや盗難、紛失などのセキュリティの問題に直面する可能性があります。また、仮想通貨の取引所やウォレットは、サービスの停止や遅延、規制の変更などの不確実性にも影響されます。スポットETFは、仮想通貨の保有に伴うリスクやコストを軽減する投資商品です。

    • スポットETFは、仮想通貨の税制に関係なく、一般的な投資信託と同じ税制になります。仮想通貨の売却益は、仮想通貨の種類や保有期間によって、所得税や消費税の対象になる場合があります。また、仮想通貨の分配金は、源泉徴収の対象になる場合があります。スポットETFの売却益は、譲渡所得として課税されます。また、スポットETFの分配金は、配当所得として課税されます。これは、仮想通貨の税制よりもシンプルで分かりやすいことを意味します。スポットETFは、仮想通貨の税務処理を簡素化する投資商品です。

    スポットETFの注意点

    スポットETFには、以下のような注意点があります。

    • スポットETFは、仮想通貨の現物価格に連動するので、仮想通貨の値動きをそのまま反映します。仮想通貨の価格は、非常に変動が激しく、予測が困難です。仮想通貨の価格が高騰すれば、スポットETFの価格も高騰しますが、逆に、仮想通貨の価格が暴落すれば、スポットETFの価格も暴落します。スポットETFは、仮想通貨の価格変動によるリスクをそのまま受ける投資商品です。
    • スポットETFは、証券取引所に上場しているので、取引所が開いている時間なら、いつでもその時々の値段で売買できますが、仮想通貨の市場は、24時間365日動いています。つまり、スポットETFの取引時間と仮想通貨の市場の動きには、時差が発生します。スポットETFの取引時間外に、仮想通貨の価格が大きく変動した場合、スポットETFの価格は、次の取引時間に調整されます。これは、スポットETFの価格が、仮想通貨の現物価格と一致しないことを意味します。スポットETFは、仮想通貨の市場の時差による乖離に注意する必要がある投資商品です。
    • スポットETFは、仮想通貨を直接保有する必要がないので、仮想通貨の管理やセキュリティの面倒を省くことができますが、スポットETFのプロバイダーには、仮想通貨の保管や運用に関する信頼性や透明性が求められます。スポットETFのプロバイダーは、保有する仮想通貨の数量や価値を正確に把握し、報告し、監査し、保護する責任があります。スポットETFのプロバイダーには、仮想通貨の規制や監督の変更や、ハッキングや盗難などのセキュリティの問題に対応する能力が必要です。スポットETFは、プロバイダーの信頼性や透明性に依存する投資商品です。
    • スポットETFは、仮想通貨の税制に関係なく、一般的な投資信託と同じ税制になりますが、スポットETFのプロバイダーは、仮想通貨の取引や保有に伴う税金や手数料を支払う必要があります。スポットETFのプロバイダーは、これらのコストをスポットETFの価格や分配金に反映させる場合があります。これは、スポットETFのパフォーマンスが、仮想通貨のパフォーマンスよりも劣ることを意味します。スポットETFは、プロバイダーのコストに影響される投資商品です。

    スポットETFの最新の動向

    スポットETFは、仮想通貨の投資商品として、世界中で注目を集めています。特に、ビットコインのスポットETFは、多くのプロバイダーが上場を申請していますが、まだ承認されている国は少ないです。以下では、スポットETFの最新の動向について、主要な国や地域ごとに紹介します。

    アメリカ

    アメリカでは、ビットコインのスポットETFの上場を申請しているプロバイダーは、10社以上に上りますが、まだ承認されているプロバイダーはいません。アメリカの証券取引委員会(SEC)は、ビットコインのスポットETFに対して、市場の操作や不正取引、流動性や価格の安定性、保管や監査の信頼性などの懸念を示しています。SECは、ビットコインのスポットETFの承認を繰り返し延期しており、最終的な判断は、2023年の初めまでに出される見込みです 。

    一方、アメリカでは、ビットコインの先物ETFは、2022年10月に初めて承認されました。ビットコインの先物ETFは、ビットコインの現物ではなく、ビットコインの先物契約を保有する投資信託です。ビットコインの先物ETFは、ビットコインのスポットETFよりも、規制や監督が整備されているという理由で、SECに承認されました。ビットコインの先物ETFは、アメリカで大きな人気を集めており、上場からわずか1週間で、資産残高が10億ドルを超えました 。

    アメリカで最初に承認されたビットコインの先物ETFは、プロシェアーズ・ビットコイン・ストラテジー・ETF(銘柄コード:BITO)です。このETFは、ビットコインの先物契約を保有することで、ビットコインの価格に連動することを目指しています。このETFの運用会社

    は、プロシェアーズという、アメリカで最大のETFのプロバイダーです。このETFの年間経費率は、0.95%です。このETFは、ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場しており、日本時間の22時30分から翌日の6時まで取引できます。

    アメリカで2番目に承認されたビットコインの先物ETFは、ヴァンエック・ビットコイン・ストラテジー・ETF(銘柄コード:XBTF)です。このETFも、ビットコインの先物契約を保有することで、ビットコインの価格に連動することを目指しています。このETFの運用会社は、ヴァンエックという、アメリカで歴史のある投資会社です。このETFの年間経費率は、0.65%です。このETFは、ナスダック証券取引所(NASDAQ)に上場しており、日本時間の22時30分から翌日の6時まで取引できます。

    アメリカでは、ビットコインの先物ETFが先行していますが、ビットコインのスポットETFに対する期待も高まっています。ビットコインのスポットETFは、ビットコインの先物ETFよりも、よりシンプルで効率的な投資商品と考えられています。ビットコインのスポットETFが承認されれば、仮想通貨の市場にとって、大きなインパクトを与えると予想されています。

    カナダ

    カナダでは、ビットコインのスポットETFの上場を申請しているプロバイダーは、5社以上に上りますが、承認されているプロバイダーは、3社です。カナダは、ビットコインのスポットETFを承認した最初の国として、世界の注目を集めました。カナダの証券取引委員会(CSA)は、ビットコインのスポットETFに対して、市場の成熟度や規制の整備、保管や監査の信頼性などの要件を満たすと判断しました。カナダのビットコインのスポットETFは、2022年2月に初めて上場されました。

    カナダで最初に承認されたビットコインのスポットETFは、パーパス・ビットコイン・ETF(銘柄コード:BTCC)です。このETFは、ビットコインを現物で保有することで、ビットコインの価格に連動することを目指しています。このETFの運用会社は、パーパス・インベストメンツという、カナダの投資会社です。このETFの年間経費率は、1.00%です。このETFは、トロント証券取引所(TSX)に上場しており、日本時間の23時30分から翌日の7時まで取引できます。

    カナダで2番目に承認されたビットコインのスポットETFは、エヴォルブ・ビットコイン・ETF(銘柄コード:EBIT)です。このETFも、ビットコインを現物で保有することで、ビットコインの価格に連動することを目指しています。このETFの運用会社は、エヴォルブ・ファンズという、カナダのETFのプロバイダーです。このETFの年間経費率は、0.75%です。このETFは、トロント証券取引所(TSX)に上場しており、日本時間の23時30分から翌日の7時まで取引できます。

    カナダで3番目に承認されたビットコインのスポットETFは、CI・ギャラクシー・ビットコイン・ETF(銘柄コード:BTCX)です。このETFも、ビットコインを現物で保有することで、ビットコインの価格に連動することを目指しています。このETFの運用会社は、CI・グローバル・アセット・マネジメントという、カナダの投資会社です。このETFの年間経費率は、0.40%です。このETFは、トロント証券取引所(TSX)に上場しており、日本時間の23時30分から翌日の7時まで取引できます。

    カナダでは、ビットコインのスポットETFが先行していますが、他の仮想通貨のスポットETFに対する需要も高まっています。カナダでは、イーサリアムのスポットETFや、ビットコインとイーサリアムを組み合わせたスポットETFも承認されています。カナダは、仮想通貨のスポットETFの先進国として、世界の市場に影響を与えています。

    ヨーロッパ

    ヨーロッパでは、ビットコインのスポットETFの上場を申請しているプロバイダーは、5社以上に上りますが、承認されているプロバイダーは、2社です。ヨーロッパでは、ビットコインのスポットETFを承認した最初の国は、スイスです。スイスの証券取引委員会(FINMA)は、ビットコインのスポットETFに対して、市場の成熟度や規制の整備、保管や監査の信頼性などの要件を満たすと判断しました。スイスのビットコインのスポットETFは、2022年7月に初めて上場されました。

    スイスで最初に承認されたビットコインのスポットETFは、21シェアーズ・ビットコイン・ETF(銘柄コード:ABTC)です。このETFは、ビットコインを現物で保有することで、ビットコインの価格に連動することを目指しています。このETFの運用会社は、21シェアーズという、スイスの仮想通貨のETFのプロバイダーです。このETFの年間経費率は、1.49%です。このETFは、スイス証券取引所(SIX)に上場しており、日本時間の16時30分から翌日の0時30分まで取引できます。

    スイスで2番目に承認されたビットコインのスポットETFは、ヴァレオ・ビットコイン・キャピタル・グロース・ETF(銘柄コード:VBTC)です。このETFも、ビットコインを現物で保有することで、ビットコインの価格に連動することを目指しています。このETFの運用会社は、ヴァレオという、スイスの投資会社です。このETFの年間経費率は、0.95%です。このETFは、スイス証券取引所(SIX)に上場しており、日本時間の16時30分から翌日の0時30分まで取引できます。

    ヨーロッパでは、スイスがビットコインのスポットETFの先駆者となっていますが、他の国

    や地域でも、ビットコインのスポットETFに対する関心が高まっています。特に、ドイツやフランスなどのユーロ圏の国では、ビットコインのスポットETFの承認を求める声が強まっています。ヨーロッパでは、ビットコインのスポットETFの承認には、欧州証券市場監督局(ESMA)の認可が必要です。ESMAは、ビットコインのスポットETFに対して、市場の操作や不正取引、流動性や価格の安定性、保管や監査の信頼性などの懸念を示しています。ESMAは、ビットコインのスポットETFの承認には、より厳格な規制や監督が必要だと考えています。

    一方、ヨーロッパでは、ビットコインの先物ETFや、ビットコインと他の仮想通貨を組み合わせたスポットETFは、すでに承認されています。ビットコインの先物ETFは、ビットコインの現物ではなく、ビットコインの先物契約を保有する投資信託です。ビットコインと他の仮想通貨を組み合わせたスポットETFは、ビットコインとイーサリアムなどの仮想通貨を現物で保有する投資信託です。これらのETFは、ビットコインのスポットETFよりも、規制や監督が整備されているという理由で、ESMAに承認されました。これらのETFは、ヨーロッパで人気を集めており、上場からわずか数ヶ月で、資産残高が10億ユーロを超えました 。

    ヨーロッパで最初に承認されたビットコインの先物ETFは、ETCグループ・フィジカル・ビットコイン(銘柄コード:BTCE)です。このETFは、ビットコインの先物契約を保有することで、ビットコインの価格に連動することを目指しています。このETFの運用会社は、ETCグループという、ヨーロッパの仮想通貨のETFのプロバイダーです。このETFの年間経費率は、2.00%です。このETFは、ドイツ証券取引所(XETRA)に上場しており、日本時間の16時30分から翌日の0時30分まで取引できます。

    ヨーロッパで最初に承認されたビットコインと他の仮想通貨を組み合わせたスポットETFは、21シェアーズ・クリプト・バスケット・インデックス・ETF(銘柄コード:HODL)です。このETFは、ビットコインとイーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコインの5種類の仮想通貨を現物で保有することで、仮想通貨のインデックスに連動することを目指しています。このETFの運用会社は、21シェアーズという、スイスの仮想通貨のETFのプロバイダーです。このETFの年間経費率は、2.50%です。このETFは、スイス証券取引所(SIX)に上場しており、日本時間の16時30分から翌日の0時30分まで取引できます。

    ヨーロッパでは、ビットコインの先物ETFや、ビットコインと他の仮想通貨を組み合わせたスポットETFが先行していますが、ビットコインのスポットETFに対する期待も高まっています。ビットコインのスポットETFは、ビットコインの先物ETFや、ビットコインと他の仮想通貨を組み合わせたスポットETFよりも、よりシンプルで効率的な投資商品と考えられています。ビットコインのスポットETFが承認されれば、仮想通貨の市場にとって、大きなインパクトを与えると予想されています。

    日本

    日本では、ビットコインのスポットETFの上場を申請しているプロバイダーは、まだいません。日本では、ビットコインのスポットETFに対する関心は高いものの、規制や監督のハードルが高いという認識があります。日本では、ビットコインのスポットETFの承認には、金融庁(FSA)の認可が必要です。金融庁は、ビットコインのスポットETFに対して、市場の操作や不正取引、流動性や価格の安定性、保管や監査の信頼性などの懸念を示しています。金融庁は、ビットコインのスポットETFの承認には、より厳格な規制や監督が必要だと考えています。

    一方、日本では、ビットコインの先物やオプションなどの派生商品は、すでに承認されています。ビットコインの先物やオプションは、ビットコインの現物ではなく、ビットコインの価格変動に連動する権利や義務を保有する投資商品です。ビットコインの先物やオプションは、ビットコインのスポットETFよりも、規制や監督が整備されているという理由で、金融庁に承認されました。ビットコインの先物やオプションは、日本で人気を集めており、上場からわずか数ヶ月で、取引高が10億円を超えました 。

    日本で最初に承認されたビットコインの先物は、東京金融取引所(TFX)のビットコイン先物(銘柄コード:BTC)です。この先物は、ビットコインの価格変動に連動する権利や義務を保有することで、ビットコインの価格に連動することを目指しています。この先物の取引単位は、1BTCです。この先物の取引時間は、日本時間の8時から翌日の6時までです。

    日本で最初に承認されたビットコインのオプションは、大阪取引所(OSE)のビットコインオプション(銘柄コード:BTCO)です。このオプションは、ビットコインの価格変動に連動する権利や義務を保有することで、ビットコインの価格に連動することを目指しています。このオプションの取引単位は、0.1BTCです。このオプションの取引時間は、日本時間の8時30分から15時までです。

    日本では、ビットコインの先物やオプションが先行していますが、ビットコインのスポットETFに対する需要も高まっています。ビットコインのスポットETF

    は、ビットコインの先物やオプションよりも、よりシンプルで効率的な投資商品と考えられています。ビットコインのスポットETFは、仮想通貨の現物価格に忠実に追従し、仮想通貨の管理やセキュリティの面倒を省き、仮想通貨の税務処理を簡素化するメリットがあります。ビットコインのスポットETFが承認されれば、仮想通貨の市場にとって、大きなインパクトを与えると予想されています。

    スポットETFに投資する方法

    スポットETFに投資する方法は、以下のようになります。

    • スポットETFに投資するには、まず、スポットETFが上場している証券取引所にアクセスできる証券会社に口座を開設する必要があります。スポットETFが上場している証券取引所は、国や地域によって異なりますが、一般的には、アメリカ、カナダ、ヨーロッパの主要な証券取引所になります。日本の証券会社の中には、海外の証券取引所にアクセスできるサービスを提供しているものもあります。例えば、楽天証券や日興アセットマネジメントなどがあります。
    • スポットETFに投資するには、次に、スポットETFの銘柄コードを入力して、売買注文を出す必要があります。スポットETFの銘柄コードは、スポットETFのプロバイダーや証券取引所のウェブサイトで確認できます。スポットETFの売買注文は、個別銘柄と同じように、成行注文や指値注文などの方法で出すことができます。スポットETFの売買注文は、証券取引所が開いている時間にのみ、約定します。
    • スポットETFに投資するには、最後に、スポットETFの価格や分配金の動きを確認する必要があります。スポットETFの価格は、保有する仮想通貨の現物価格に連動しますが、時差や為替などの要因によって、乖離が発生する場合があります。スポットETFの分配金は、保有する仮想通貨の取引や保有に伴う収益やコストによって、支払われる場合があります。スポットETFの価格や分配金の動きは、スポットETFのプロバイダーや証券取引所のウェブサイトで確認できます。

    スポットETFに関するよくある質問

    スポットETFに関するよくある質問とその回答は、以下のようになります。

    Q. スポットETFは、どのような投資目的に適していますか?

    A. スポットETFは、仮想通貨の価格変動に連動する投資商品です。仮想通貨の価格は、非常に変動が激しく、予測が困難です。仮想通貨の価格が高騰すれば、スポットETFの価格も高騰しますが、逆に、仮想通貨の価格が暴落すれば、スポットETFの価格も暴落します。スポットETFは、仮想通貨の価格変動によるリスクをそのまま受ける投資商品です。したがって、スポットETFは、仮想通貨に対する強い信念や情熱を持ち、長期的な視点で投資できる方に適しています。スポットETFは、仮想通貨の市場の成長や革新に参加したい方におすすめです。

    Q. スポットETFは、どのような投資手法に適していますか?

    A. スポットETFは、仮想通貨の価格変動に連動する投資商品です。仮想通貨の価格は、非常に変動が激しく、予測が困難です。仮想通貨の価格が高騰すれば、スポットETFの価格も高騰しますが、逆に、仮想通貨の価格が暴落すれば、スポットETFの価格も暴落します。スポットETFは、仮想通貨の価格変動によるリスクをそのまま受ける投資商品です。したがって、スポットETFは、短期的な売買やタイミング狙いには適していません。スポットETFは、長期的な保有や積立投資に適しています。スポットETFは、仮想通貨の市場の成長や革新に対応したい方におすすめです。

    Q. スポットETFは、どのようなリスクに注意する必要がありますか?

    A. スポットETFは、仮想通貨の価格変動に連動する投資商品です。仮想通貨の価格は、非常に変動が激しく、予測が困難です。仮想通貨の価格が高騰すれば、スポットETFの価格も高騰しますが、逆に、仮想通貨の価格が暴落すれば、スポットETFの価格も暴落します。スポットETFは、仮想通貨の価格変動によるリスクをそのまま受ける投資商品です。したがって、スポットETFは、以下のようなリスクに注意する必要があります。

    • 価格変動リスク:スポットETFの価格は、保有する仮想通貨の現物価格に連動しますが、仮想通貨の価格は、非常に変動が激しく、予測が困難です。仮想通貨の価格は、需給や市場の心理、技術的な要因、政治的な要因、規制的な要因などによって、大きく上下します。仮想通貨の価格が高騰すれば、スポットETFの価格も高騰しますが、逆に、仮想通貨の価格が暴落すれば、スポットETFの価格も暴落します。スポットETFに投資する場合は、仮想通貨の価格変動による損失に耐えられるかどうかを十分に考える必要があります。
    • 時差リスク:スポットETFの価格は、保有する仮想通貨の現物価格に連動しますが、スポットETFの取引時間と仮想通貨の市場の動きには、時差が発生します。仮想通

      貨の市場は、24時間365日動いていますが、スポットETFの取引所は、限られた時間しか開いていません。つまり、スポットETFの取引時間外に、仮想通貨の価格が大きく変動した場合、スポットETFの価格は、次の取引時間に調整されます。これは、スポットETFの価格が、仮想通貨の現物価格と一致しないことを意味します。スポットETFに投資する場合は、仮想通貨の市場の時差による乖離に注意する必要があります。

      • 保管リスク:スポットETFは、仮想通貨を直接保有する必要がないので、仮想通貨の管理やセキュリティの面倒を省くことができますが、スポットETFのプロバイダーには、仮想通貨の保管や運用に関する信頼性や透明性が求められます。スポットETFのプロバイダーは、保有する仮想通貨の数量や価値を正確に把握し、報告し、監査し、保護する責任があります。スポットETFのプロバイダーには、仮想通貨の規制や監督の変更や、ハッキングや盗難などのセキュリティの問題に対応する能力が必要です。スポットETFに投資する場合は、プロバイダーの信頼性や透明性に依存することになります。
      • コストリスク:スポットETFは、仮想通貨の税制に関係なく、一般的な投資信託と同じ税制になりますが、スポットETFのプロバイダーは、仮想通貨の取引や保有に伴う税金や手数料を支払う必要があります。スポットETFのプロバイダーは、これらのコストをスポットETFの価格や分配金に反映させる場合があります。これは、スポットETFのパフォーマンスが、仮想通貨のパフォーマンスよりも劣ることを意味します。スポットETFに投資する場合は、プロバイダーのコストに影響されることになります。

      スポットETFのまとめ

      スポットETFとは、ビットコインなどの仮想通貨を現物で保有する上場投資信託のことです。スポットETFは、仮想通貨の現物価格に連動する投資商品で、仮想通貨の管理やセキュリティの面倒を省き、仮想通貨の税務処理を簡素化するメリットがあります。しかし、スポットETFには、仮想通貨の価格変動や時差や保管やコストなどのリスクもあります。スポットETFは、仮想通貨に対する強い信念や情熱を持ち、長期的な視点で投資できる方に適しています。スポットETFは、仮想通貨の市場の成長や革新に参加したい方におすすめです。

      記事に登場したキーワードの説明は、以下のようになります。

      • スポットETF:ビットコインなどの仮想通貨を現物で保有する上場投資信託のこと。
      • ブラックロック:アメリカの大手投資会社のこと。
      • バンカード:アメリカの大手投資会社のこと。
      • ヴァンエック:アメリカの歴史のある投資会社のこと。
      • プロシェアーズ:アメリカで最大のETFのプロバイダーのこと。
お知らせ

Pi Networkは、ブロックチェーン技術を活用した仮想通貨プロジェクトで、ユーザーがスマートフォンを使ってPiというコインを採掘できるように設計されています。このプロジェクトの目的は、仮想通貨の普及を促進することです。

このプロジェクトは、2019年にスタンフォード大学の博士課程の学生たちによって立ち上げられました。Pi Networkは、ユーザーがアプリを起動し、毎日一回ボタンを押すだけでPiコインを採掘できる、というシンプルでエコフレンドリーな方法を提供しています。

Pi Networkの特徴の一つは、ユーザーが自分のネットワークを拡大することで採掘速度を上げることができる点です。さらに、Pi NetworkはユーザーがPiのプラットフォーム上でウェブアプリケーションを作成したり、利用したりできるようにすることで、Piコインの価値を高めることを目指しています。

現在、Pi Networkはメインネットの立ち上げに向けて開発を進めています。Pi Networkに参加するためには、モバイルアプリをダウンロードし、招待コードを入力する必要があります。Pi Networkは、仮想通貨の未来を切り開くための革新的なプロジェクトと言えるでしょう。

<<参加方法>>
Pi Networkに参加していない方は、こちらのリンクから始められます。私の紹介コードを使って登録すると、私もあなたもPiを得られるようになります。Pi Networkは、スマホで簡単に仮想通貨「Pi」をマイニングできるアプリです。1日1回ボタンを押すと、スマホを放置している間も24時間分のマイニングが開始されます。私は2023年では年間357日分のマイニングを行い招待を受けた方は多くの恩恵を受けられました。紹介コードを使って登録すると、あなたのマイニング速度が25%アップする特典があります。
 https://minepi.com/

より詳しい案内と登録方法はこちらに記載しました。

世界で5000万人が参加しているスマホの仮想通貨マイニングアプリ(PiNetwork -パイネットワーク-)の紹介
マイニングはスマホ単体で可能な仮想通貨を紹介します。スマホでマイニングするといっても電池は消耗せず、1日1回アプリを起動してマイニングボタンをタップするだけでマイニングができるものです。
用語説明
シェアする
スマホで仮想通貨マイニングPiNetworkの始め方

コメント

タイトルとURLをコピーしました